小学生の水着動画について。

水着の評論

小学生の水着の姿はエロで、本当は見てはいけないのだけど、セクシーなビキニに興味がある。
それは普通の健康な男子なら仕方無いだろう、それについては誰も文句は言えないはずだ。
正直いえば、だれもがはっきり言わないのだけど未成年のモデルを特に見たいと思うのだが、
休日に夏の浜辺へ行って、唐突にそこら辺に歩いている水着の小学生に声をかけるほど、勇気はないのです。
そりゃ常識的判断があればそんなことは当然できませんよ、子供に大人が声かけるのやはり異常でしょ、
何の理由も無くそんなことをしては、まさしく変質者ですな、もし実行したならば、よほど紳士な洋服を着ているか
または、高齢で、もうアソコは用済みで無い限り、通りに歩いている一般人に通報されてしまうでしょう。
それが判っていても水着を見たい、それをDVDに記録したい。そんなエッチな想像をするだけで、なにもできないことは自分が一番判っている、俺は考えられないほど、度胸がないのだ。
しかし、この勇気は正義のものでは無く、正しく蛮勇といえるもので、自己の欲望を満たすだけに奮起されるもので、
まったく世の人々の役に立たないこと自分に言い聞かせて行動を起こさないのである。
しかし、これは己に対する言い訳でしかないことは明白であることは言うまでも無い。
女性に対し、つい口にでてしまった、ナンパの言葉に自らが恥ずかしくなってしまうほど自分はシャイなのである。
通りがかりの子を見ると、お尻でも触って、その場を逃げ去りたい気持ちなのだ。
たまたま出会った女の子に例えば水着を画像掲示板に投稿したいからといって動画を撮らしてくださいなんて口がさけても言えない。そんな小学生を見たさに自分でスペシャルなDVDを制作しようと思ってしまったのが
間違いの始まりかもしれない。
そんな小学生の水着の動画を収めたDVDを制作するためにプールを歩き回ることが、やめられないのです。
特に興味がそそられるのは、かわいい娘の水着を見た日はとても印象に残る日になったのだった。
その日の夜に夢でマイクロビキニを見た。そんな夢を見た後、朝起きてみたら俺のアソコ自身が勃起して射精してた。
そんな朝は、おれは望みをはたしたと考えたりするのだった。
ジュニアアイドルの布の少ないマイクロビキニを実際に見た事は無いのだけどね。常づね水着の画像掲示板で宣伝されているジュニアアイドルには憧れがあったよ。
少し太った肢体もいいよね頭に血が上った俺は実際に見なくても、想像力を働かして、その巨乳の水着がとてつもなく魅力的にみえるのです。
それよりも、この夢が1度きりで終わってしまうほうが、とても気になって、
そんな小学生のエロなDVDを見ることに集中できなかった。
いつまた見れるか判らない未成熟な体が見えるこの夢から離れたくない
そのアイドルの水着を頭の中に残しておきたかった。
これで諦めてしまったら男じゃないなと言い聞かせてその先に進もうとした。
そしてまた水泳に出かけるのであった。
いくらなんといっても意識しすぎた俺にとっては十分緊張をしてしまうのは仕方がないことだ。
口をあけて、児童の水着の姿をボーと見てしまったよ、
水着の動画を見るだけでは、俺としては満足できない。
いつか、自分の演出で、こんな作品を作ってみたいと夢みたいなことを思っていたのだけど、
やる気さえ出せば、そう恥ずかしい観念を捨てて本能に赴くまま生きることを決心して行動することにしてしまえば、
自分の欲望に赴くままエロへの道を邁進することが出来るのだ。そう、それを阻むのが理性であり理性は教育から生み出されると言っても過言ではない。
運が良いか悪いか俺には字が書けることと簡単な引き算と足し算ぐらいが出来る位の知性しかない。
それは、恥を知る人間にはない強さを発揮できる時があるのだよ。
それで、この調子でどんどん若い子に声をかけて、水着の姿を撮っていけばエロな作品が作れるかもしれないなんて
思ったのだ。
髪型など子供なのに少し他の子より、おしゃれを意識している子を見つけて
「ちょっとあまりのかわいらしさに声をかけました。」これがきまり文句なのだが結構うまくいく。
だいたいこんな時間にこの辺をあるいていれば水着の画像掲示板に投稿するための動画もその気があればみつかるものだ。
それほど苦労せず頼み込んでみるとたいていは服を脱いでくれる、
それを撮影したセクシーなDVDに収められたら最高だろうな、
あくまでそれは想像しているだけで実際行動に移してしまえば、間違いなく捕まってしまうだろうから、
もちろん実際にやる気は毛頭ありません。俺ならその映像を丸一日見てオナニーしまくるもんね。
今どきの画像掲示板は昔ほど、それらの画像を載せることにはナーバスになっているとを思う、
ネットの世界では、この手の物は排除していく傾向にある。
それとは逆に最近の若い娘はあまり抵抗はないらしい、
被写体になる子は笑いながら生まれたまんまに近い、そうマイクロビキニのになる。
そして、食い込みを映され水着をDVDに記録されネットに公開されてしまうのだった。
しかし、あまりしつこくすると逃げられてしまう、とにかくおだてることが肝心だ。
だからって何でも良いわけではない「巨乳の動画」これがきれいでないといけないのだ。
結論からいえば、世の中そんな簡単にエッチな画像は見れないということなのだ。
自分の趣味については「逃げ続けていた」と言えるだろう、他人から少しでも、
指摘される話を逸らして投げ出し逃げてばっかりいた。
最近になって突然それに気付いてそんな水着の動画を見るのを止めようかなと思うようになったのです、
今後の人生についてすごく考えるようになったためです。
実際今の自分の現状を客観的に見たとき自分にあまりにも他の人に比べて
異常な性向をもっていることに思いが及ぶようになった。
こんな年端も行かない若い娘に興味を持っている事にすごく寂しい気持ちになり、
今後、これが直せるのか焦る気持ちを感じた。
自分のこの十数年は、
これらの未成年のモデルたちの写真を探し見ることに全精力が費やされてきたと言っても過言ではない、
その間、他に何か身についた物はあるのか?何かを身につけようと努力を継続した事はあるのか?
自問自答して情けなくなってしまったのである。非常に悔いの残る人生になってしまった。
これからは悔いの残らない充実した生き方にしていきたい、そのために少しでも自分の小学生の水着が好きというこの異常な趣味を辞めなければまともな結婚もできないだろう。

ふつうの小学生の水着を収めた動画について