女子大生とシックスナインした。

私は女子大生シックスナイン動画を見たくてたまらなかったのです。

私が言いたいのは女子大生とシックスナインをしたら、きっと気持ちが良いだろうということです。
私は声は聞こえているのに、夢の中にいるみたいで、その意味が伝わってこなかったのです。
私がいつも緊張で体が固くなり女子大生にシックスナインなんて出来るわけがないと思うのです。
いきなり下着姿にされると、ブラを捲り上げられました。
そして膨らみ始めたばかりの胸が露出してしまいます。
おっぱいを触って、その弾力を確かめていました。
でも、現役の女子大生シックスナイン動画は見てみないとその良さはわかってもらえないでしょう。
その後、感じているかどうかは感触で分かる時と言って下腹部を撫で回しはじめました。
いよいよベットで仰向けになり不安に震えていると、指が入ってきました。
処女膜を破らないようにしてあげると聞きましたが、しかし不安は拭い切れるものではありません。
最初のうちは緊張していてシックスナインをしようとしても、なかなかその体勢をとることが出来ませんでした。。
前にこっそり自分で指を入れてみたことがあったのですが、その時はすぐに痛みが走って、ちょっとしか入りませんでした。しかし、今は子宮に届きそうなほど入れられても、ほとんど痛みを感じません。
その辺りは、さすがに慣れているということでしょう。
結局、自分の火照った体を静めるため、オナニーをして気分をはらしました。
とても恥ずかしいかったのですが、少し中を撫で回してから抜いてもらえました。
顔が熱く火照っていたので、あまりみんなに見られたくなかったのですが、いつまでも、ここにいるわけにはいかず、私は制服を着て帰りました。
その瞬間、まんこを舐められて電流が流れるような快感が走ったのです。
女子大生とシックスナインをしていたら、いつの間にか、一番敏感なところを噛まれていたのです。
それは深い快感と相まって、声も出せないような衝撃だったのです。
一気に体が燃え焼けるように熱くなり、突き上げられるたびに痙攣してしまうような気持ちよさが止まらなかったのです。
また奥まで入れられるたびに私の体は、うねるような感覚のおそわれるのでした。
セックスの快感に身を任せ、私は体の中に熱いものが放たれるのを感じながら意識を失ったのです。
また、女子大生シックスナイン動画を見ることを快感に感じられるのなら、それに興味をもつことも必要なのです。
私はスカートとパンツを脱いで、壁に手を着いたのです。
後ろを見ると男はまだズボンを下ろしている最中だったのです。
私の方はとっくにする準備ができているのにいくらここが私の部屋だからといって、そこまで焦ることはないだろうと思ったのです。
もし誰かが入ってきたら、足音でそれが分かるから、急いで下着を履けば大丈夫に決まっています。
下しか脱いでないのだから、まあ、いざという時に焦ってしまったら、あるいは、おまんこを隠すことが間に合わないかもしれないけれど、もう今の興奮した状態では、それをやめることは出来ません。
彼の様子では、シックスナインをする可能性もそう低くはないのかもしけません。
私の知ったことではないので、やばくなったら置いてさっさと出て行ってしまえばいいと思ったのです。
すぐに意識を取り戻したのは、クリトリスを音を立てながら舐められていたからです。
おかしくなりそうなほど何度もイッたというのに、私の体はまた貪欲に快楽を貪ってしまうのです。
薄く目を開けると今度は私の正面に来て、片手で自分のアレをしごいているのです。
それはいっぱいに膨張しきっているようで、先端にはすでに精液が漏れていました。
「じゃ、次はシックスナインをするってことでいいでしょう」と言って、顔をあそこに押しあててきて、今度は一気に奥まで舌を入れてきたのです。
さっきの刺激とは太さが段違いでした。
無理矢理押し広げられても、今は痛みを感じるよりも快楽にしかならないのです。
私は真面目な人として通っているので、女子大生とシックスナインをして快楽に耽っているだなんてバレるわけにはいかないのです。
ましてや、可愛い顔をした子を相手に根暗な自分がsexをしているだなんて、絶対に知られてはならないと思ったのです。
このことがバレてしまったら、最悪の場合、無視されて孤立してしまうかもしれないのです。
だからこそ、隠れてすることにスリルを覚えて興奮するのだけれど、それは、とても危険なことだったのです。
オメコを舐められて、私はびくっとしてまた感じてしまうのです。
それから、シックスナインをしていて、ふいに、何かが溢れ出すような感覚が襲ってきて、全身に寒気がはしって、いけないと思った時にはもう遅かったのです。
じゅわっと熱くなったかと思うと、勢いよく潮吹きしてしまいました。
そのために無料の画像は、とても重宝していますね。
たまに滅多にお目にかかることはありませんが無修正のDVDがあって食い入るように眺めました。
彼が「なんで口内発射させてくれないの」とせがまれても聞き流すより他ありません。
つまり、初めが大切で、手を抜かず愛撫をしてあげれば、相手も私に好意を持ってくれるでしょう。
例えば、自分が好きで女子大生シックスナイン動画を見ていたことが、相手にとってはとても嫌なことかもしれません。
たとえ、どんな小さなことでも気を使ってあげれば、お互いの関係を深めることができるのです。
それとも私は、クンニをすることに夢中になり過ぎたのかな?と少し心配になりました。
どんな事でも、ある程度は無茶をしなければ前に進まないと考えてます。
どのように女子大生とシックスナインをするか、あれやこれや考えていました。
彼は、ようやくパンツを下ろして、私の後ろに立ったのです。
それから腰を突き出して、彼にお尻を向けました。
私は「早く入れてよ、もう濡れているから」と言ったら、彼は慌てた様子で自分のものを握ってシコり出したのです。
そして、私とこれからするための準備だと言いながら無修正のDVDを見だしたのです。
私が彼に体を許してもいいと思ったのは、頼みこまれたからなのに、こんなオナニーでしか出せない情けない男に処女を捧げるなんて冗談じゃないと思ってのです。
彼はあくまでシックスナインをして性欲を満たそうとしているだけだとわかったのです。
いつも自信なさげな態度にムカついていたけれど、何でも言うことを聞くので、私にとって彼は都合のいい人だったのです。
その間も男は動きをとめず、もっと奥まで入れてこようとします。
気持ちがくずれていくような感覚に襲われ、私はまた気を失いそうになりました。
そんな事が何度繰り返されたのだろうか、私が最後に意識を失い、目を覚ましたときにはもう朝だったのです。
この女子大生シックスナイン動画は色々なことをしているので見てて飽きないのです。
全裸だったのにきちんと服も着せられており、ちゃんとベットに寝かされていました。
撒き散らかされた精液は、きちんと拭かれていて、さっきこの場であんなことが起こっていたとは誰にも分からないだろうと思いました。
しかし、私の股間のあたりにはまだ強烈なセックスの快感の余韻が残っていたのです。
それから、ザーメン中出しされたかを確かめたくて、パンツの中に手を入れてみました。
一度、味をしめてしまうと、もっとやりたい気持ちになってしまうものなのです。
そして絶対手を出さないと約束したのですが、シックスナインをするくらい良いと思って押し倒しました。
私が言えば、彼は何時間でもクリトリスを舐め続けてくれるのです。
そして、私が気が向かない限り、こちらから刺激を与えることはありませんでした。
何時間も、巨乳を吸っている間に股間が疼いたら、自分自身の手でしごくしかないのです。
とはいえ射精するには、それをするしかないのだけど、基本的には私がイッた後に出すことにしているのです。
終わった直後の醒めた状態でされたって、白けてしまうので、私が絶頂感を味あうまで我慢してもらいます。
半月程前、偶然に会った幼馴染と話が弾んで、その流れで私のウチに来ることになりました。
久ぶりだったんですが、爽やかでかっこ良くて、笑顔が可愛いのに、ちょっと強引なところがあってすごく気に入ってしまったのです。
それでお互いが望むかたちでシックスナインをしようということになったのです。
そのうち、相手がパイパンだとわかり、珍しかったのでリアルにその様子を話すのです。
それを聞いているうちに勃起してしまい、こちらを舐め回すような目で見ていました。
それに気付いた私は「まだ処女なんだからダメ」なんて言いながらシックスナインをしだしたのです。
私たちがやっているのにそこにいた男は興奮しだして、私たちがしているのを見ながらオナニーを始めちゃったのです。
個人撮影を見ていた彼氏が興奮しちゃって私に詰め寄ってきたんですが、人の前だったしダメと言いました。
私はすでに全裸で、おっぱいを吸われて普通に声もだして感じています。
シックスナインをすることを断わられて、押しの弱い彼は、私たちが体を絡みあわせてお互いの敏感なところを舐めあっている姿を無言のまま血走った目で見ていました。
いきなりシックスナインするのではなく、始めは愛撫してもらって気分を盛り上げなければ、それは出来ません。
もしかしたら、処女喪失するかもしれないので、もっと気持ちが通い合ってからでないと無理でしょう。
私が求めていることを分かっていたから、最初から彼はずっと強気で迫ってきました。
援交をしているだけなのに、そんな気持ちになってしまった私はいったいどうしてしまったのでしょう。
私は、フェラチオをしてもらったのですが、あまりに刺激が強かったので本当に入れる前に射精しそうになってしまいました。
こんな気持ちで女子大生とシックスナインをしたら、我慢できずすぐに射精してしまうでしょう。
普通なら回を重ねるごとに飽きてきて、触る程々にしようとしてもおかしくはないのだけれど、本当にすけべな彼は、放って置いたら1時間でも2時間でも同じことを繰り返してくれるのです。
どちらかと言えば豊満な体の私を繰り返し責めることを苦にしないというのは、当たり前かもしれません。
それに加えて、私と彼は好きな体位が同じなので、何度やっても、まあ悪くないのです。
今から思えば、もしかしたら女子大生シックスナイン動画を見るのが、彼も好きかなと考えて、話し掛けたことが関係を持つきっかけになったのです。
だんだんエスカレートしてきて、私達の目の前で手で責めており、何回もイッてしまっていました。
その頃には私も自分でワレメが濡れているのはわかったんですが、私から誘うのも恥ずかしかったのです。
すると彼の目のまえで足を開かせ、「舐めてあげてよ」との言葉に何の迷いもなく、むさぼりつくように舐め始めたんです。
彼のことで頭にきた私のところに服を脱ぎながら来て、後ろから抱き締められ、耳元で「私が夢中にしてあげるよ」って言ってきて、後ろから抱きつかれました。
私も悪いことしてるとは思いつつ、ついついシックスナインをやってしまったのです。
そういう時はたいてい終わった後に後悔してしまいます。
挿入されたものが根元まで埋まるようになっても、彼はやはりすぐに抜き出し、再び奥に入れた。
それを挿入している時であったり、していない時であったり、何度も行われたのです。
周りに無修正のDVDを見ていることがわからないようにきにしているせいもあり、それほど心配するほどではないけれど、次第に熱を帯びてきて、結構、顔は赤くなってきました。
自分さえ満足していれば相手に受けいれられなくてももいいじゃないかと思えてきました。
私は、このセックスに感じてしまいながらも、彼の前だし抵抗していたんですが、甘い匂いと低くてセクシーな声、可愛い笑顔からは想像もできない大胆さに誘発されるがままに、抵抗を止めてしまいました。
相手はすべてにおいて、今まで関係した人とはまったく違いました。
そして少しづつ時間をかけて女子大生シックスナイン動画を見て楽しむのでした。