少女おまんこ!

評論
少女おまんこ無修正について

おまんこの動画を収めたDVDに興味があるのは理解できるけどね、いくらなんでもこれはまずいのではないでしょうか?
少女のDVDが好きなんて変だぞ、自然の世界だってある程度の理性があって、そんなもんに手を出す人は少ないでっしょう、
もちろん、おまんこ動画に興味を持つのもだめ俺の中では付き合う女性の年齢を気にするのは当然ですけど、
低いことで悩むひともいれば高いことで悩むひともいるようだが、もちろん低すぎることはもちろんまずいと思うのですよ。
少女おまんこモロ見えの裏ビデオが存在すると聞いたことがあるけどみたくないですね、
そりゃ〜少女の無修正DVDの販売は許せる部分はありますけど・・・
おまんこ無修正、なんか響きがやばいですよね、声に出して言えないよ、普通の動画はつまらないでしょう、
裏じゃなきゃそのDVDを購入する気にはならないと思いますね。
アソコが丸見えの画像を探すのは無駄だからね、そんなのありゃしないのですから。
おまんこエロの動画はやっぱり無いものと考えなきゃだめですよ、逆に言えばあったほうが異常だと思ってることが正しいですね。
ところで自分的には若い方がいいと思うのです。そういう趣向はマイノリティーではないと思うのですが?
ここまで書いてなんですけど、ああ、そうですね。ネタとしても少々不謹慎だったかもしれません。すいません。
おまんこ画像を収めたDVDの販売は禁止されて当然です、議論の余地はないですね。
おまんこの画像は普通に健康な人ならみたいでしょう、
でもそれは、ある程度の年のいった女性に限ります、あまりに若過ぎたらぜんぜん駄目ですよ、
そりゃ想像するのは自由かもしれんけど、無修正の映像をDVDに残しちゃいかんですよ「あそこを舐めたい」
こんなこと言う人がいたら、殴ってやりたいですね、理性がないのかこういうものに対する気持ちにいくらなんでも
道徳心を失ったら人としての道に外れて獣以下になってしまうよ気をつけてください。
弱い立場の者に強いものが強制することに反対です。
おまんこ画像を見たいとは言語道断、けれども誰でも見たいですよ、でも実際は気が引けます!
このような考え方には、同情を引き寄せるような要素はありません。また、自己憐憫のかけらすら見当たらない。
思考というより生命そのもののルールを否定するようなものです、本当にひどい話です。
おまんこが映しだされた裏物は、表に出ては、いけないものであり本来こんなものを公開するのは、やばいはずです。
アソコをみたい気持ちをどんな理由があれ否定する気持ちはありません。それが合意であればいいのですが、
でも、子供は判断力がないのだから、いくら本人が承諾したからといって、それをDVDに残すなんて、いけません。
おまんこ画像、そしてエロい動画はいつの世にもあってはならないものであり、
どのようにこれから世の中が変わろうがそれは肯定されることはありません。もっと上の世代からみれば、
当時でも相当ひどいと思っていたかもしれないのです。
それこそ今時のやつの頭の中をかち割って中を見てみたいよと言われていたかもしれません。
「少女おまんこ」が、だめだというのは理屈ではなく直感的なものです。
それはもうあれこれ議論する余地のないこととして、みなさんにも判って頂きたいのです。
ロリータDVDもちろん全然気にならないというわけではないことを予め言っておく必要があるでしょう。
しかし、ある年齢まで達していない少女に興味を抱くというのはある意味、
健全な精神状態であると言えなくも無いのです、それは成人の健康さと比べ幼い体の方が生命力が充実していると極めて
都合のいい解釈をして、しまうひとが少なからずいるのです。
若い娘のアソコの方が見た目が綺麗ですばらしいと思ってしまう人たちです。
私の若い頃の経験ですが女子高生たちと全校一斉清掃があり私のグループは男は俺1人、女子8人で草むしりをしました。
最初は成績や次のテストの等の話をしながら、取り組んでいたのですが、そのうち妙に草むしりしている最中にチラ見えする
ものに気がついたのです。それは、ふと顔を上げると目前にM字開脚モロパンした女子高生の純白のパンツが見えるでは
ないですか!太ももの根元にはマンコが見えそうな勢いの食い込みパンツが、おへそ部分下っ腹が見える
ほどの大パンチラだったのです。
他の人の女子高生の動画も多少の差こそあったが、モロパンを見せびらかしているではないですか、
その純白の布の奥にある.
仲間たちと「他の人よりちょっとスケベになったかな?」くらいのころから、
「オナニーが大変なんだよね、一生懸命やってるんだけど」みたいな会話が多くなります。
あたしに「大変だよねぇ、自分で慰めるなんて」と射精が成功するのを期待されているような気になります。
これって、異性が「この人とならセックスしてもいい」と思い始めていたら大歓迎なんだけど、
まだそんなに気持ちが盛り上がっていないようなら、ちょっと告白するのは危険だと思うのです。
少女おまんこ丸見えで自慰をしたり、エロなことを想像するのって、結構大変なのです。
好きなアダルトDVDならば、喜んでそうするけれど、ちょっといいかなくらいの作品でそれをするのは、疲れちゃうんだよね。
無修正ならば、モザイクの有無は考えなくていいし、自分がオナニーで切羽詰ってるときもすぐ出たり、
重宝しているので、ストーリーもわかる。
あまり気をつかわなくていいけど、アソコが隠れているとちょっと違うんだよね。
どんな風になっているか考えたり、それを否定してはいけないと思ったり、無修正DVDでなければ、ほどよいエロ感を保ちたいと思ったり。
おまんこが見えてないと己が満足できないで、ずっと疲れるのだから、
「ちょっとモデルが美人かな?」くらいの人にそれをやられると、もっと良く見る前に敬遠したくなっちゃうんだよね。
皆さんは、どうでしょう。やりたい盛りといわれる時期の男たちは、内面で非常な性欲を持て余しているようです。
外見は、むっつりしていたり、気にしてないようにしていたり、夜徘徊したりさまざまですが、
内なる心で、外見を気にして中身を充実しようとはしない。、自分と他人についての関係をさまざまな角度から検証して いるようです。
その過程で理性を保てなくなったり、アダルト動画に突き進んだり、自信が持てなくなったりしがちです。
少女おまんこのモザ消しに夢中になっている、そんな状況に陥ってる人たちは。
中3のころ「パンチラをどう思っているかとても気になる。みんなが楽しそうにミニスカートを覗き込んだりしていても自分が、
それをしかけると、空気が変わる。わたしだけやり方がヘタなのか。それを思うと、辛い。それを紛らすためにオナニーする。
来る日も来る日もこんな風にザーメンを無駄にするのかと思うと、何のために生きているのかと思う。」
小学6年生の頃から、異性にどう見られているか気になり女の子のことで頭がいっぱいになった。朝起て夢精していたこともあった。
そんな時、言われた何気ない一言に、私は考え方を変えることにした。AVで満足しようと、
それから私は家に閉じこもるようになり、毎日ティッシュを浪費続けるようになった。
ヤリすぎて食べているのに体重が面白いくらいにどんどん落ちていった。
1日中、裸のことが気になり、最近では外でもするようになった。幼稚園の頃は、何にでも純粋だった。だから、ひとを疑うことはなかった。
遊ぶのに夢中になりそれで足を擦り剥いたりもした、けど好きな子ができてマジにスカートめくりをした。
年とともに他人を気にするようになり、今は何もスケベなことはしていない。中2から中3は本音を隠していた。
人のエッチ話にも適当に相鎚をうつだけだった。友とは話すだけでなく、顔を合わせるだけでも楽しめた。
エロについて議論しても違った感覚として受け取られるから会話しないと決めた。自分でもよくわからないが自慰行為は自然に終わった。
悶々とした思いがあっても、ロリータの心情はなかなか言葉で表現しにくいものです。
このような異常な性癖に不安になりますが、適切にサポートしてくれるカウンセラーと巡り会えれば乗り越えていけると思います。
しかしどのように指導したらよいか分からないとか、未成年に対する行動が危険だと思われる場合は、
種々の書物や身近な信用できるひとに相談したほうが良いでしょう。
他人に頼らず自分で決めて選択していこうとするのは傍から見ると、このロリータ好きの行為は社会に反抗しているように見えます。
たとえば、成熟した巨乳のナイスボディのAV女優を避け、未成熟の貧乳を求め続けてきたこと、幼児のコスプレなどには、
やたらと興味示すこともあるでしょう。彼らの思考を引いた目で見て、「変態」「ロリコン」などと批評し、隔離することもあるでしょう。
また本人だけでなく、同じ趣味を持つ仲間など、社会全般にも悪い影響を与えたりします。
そのため、それらに注意を払い、地域活動や近所付き合いから遠ざかる若者を監視する必要もあるかもしれません。
さらには、社会が決めた常識やルールを破り、同年代の女性に興味を示さず「少女おまんこ」を見たりすることで、
既存の世界の拘束からの脱却を試みる行動もよく見られます。
このような態度は、子どもに積極的に近寄ろうとして「少女おまんこ」を鑑賞しようと試みている証なのです。これをロリコンといいます。
少女のおまんこが無修正のAVは、まだジャンルも確立されていませんし、
それを欲しがる人の身体も精神も正常なのか異常なのか判らない段階なので、回りからは危なっかしく見えてしまうかもしれません。
けれども、本人は真剣に無修正動画を探してます、おまんこ丸見えを探しているのです。
こういう手合いはだんまりを決め込んで考えていることを見せません。ほかの話を聞くのも嫌いなのです。
もちろん想像すだけでなく、頭の中でクンニしたりシックスナインを思い浮かべ実行するチャンスを伺ってます。
見た目は違った風に受け取られるからよく関係を深く持たないと気がつきませんた。酷い場合、自分でもよくわからないが、
この趣味は正常だと思っています。どす黒い渦巻く思いがあっても、その荒唐無稽な論理はなかなか言葉で表現しにくいものです。
子供を見ると急に心が動揺しに不安定になりますが、適切に諭してしていくと
理性が生まれて邪心の心お自分の力で乗り越えてい く事があります。 しかしどのように諭したらよいか分からないとか、
行動の状態が危険だと思われる場合は、まわりに相談したほうが良いと思われます。
このようになってしまう原因は思春期の頃の心が急速に変化し、成長するときに適切な教育を受けなかった場合に起こります。
この時期は感情が自立を望むのにまだ、早すぎる時で、些細なことでも苛立って反抗したり、逆に落ち 込んだりして、
心理的に激しく動揺しています。
そのため、この頃見たアニメやマンガに大変影響を受けて、今までの子どもらしい純粋な心で、
すべての価値観をそれらに依存するようになり ます。
よって、それらがエッチな内容であるならば、次のようなエロな行動を取るようになります。
おまんこ、クリトリスとピンクのビラビラが隠れていると思うと、私は周りの状況も考えず、自分のパンツを下げてオナニーしたい
衝動に駆られました。さすがに理性が性欲に勝ち露出狂にならずに済みましたが、
しかし彼女たちは花柄プリント、薄いブルー、妙に厚手の純白などのパンティーを惜しげもなくM字開脚して
私を興奮の坩堝に陥れるのです。太もも付け根とパンツの間に少し隙間が出来る時 があって、
おまんこヘアーが見えるではないですか、この子たちとこの野外で乱交ができたら、捕まっても良いと思える状況でした。

また、小学生の頃こういう経験もありました。プールの授業の時に更衣室が満杯になってしまい女子といっしょに教室で
着替えをしたのですが、女子は、もう6年生、高学年の小学生です。
体の線はオッパイも膨らみかけ十分女の体のラインになっていました。クラスで1番綺麗だった子が椅子に座ってパンツを
履くとき片脚を上げた際、もろに割れ目が見てしまったのです 。
このように過去の経験で性に対する考えが形成されてしまうものなのですね。

おまんこは女性の神秘さの源だと勝手に定義付けてる自分は相当に偏屈な考えを持った人間だと、
この文章を読んで思われた方も多かったかと思うのですが、
それを承知で、恥ずかしげも無く万人の閲覧できるインターネットへ自分なりの無修正に関する説を公開しました。
最後まで読まれた方に本当に感謝いたします。

少女おまんこを見たいです!