私はJKと援助交際したのです。

私は、JKと援助交際した時のことを話すようになりました。
まず、個人撮影をさせてもらうためには信用してもらうのです。
私は、JKと援助交際することになったら、たっぷり可愛がってやろうと思ったのです。
もし、中出しをしたら、妊娠するかもしれないのです。
私は、黙ってJKの援助交際の動画を見てました。

私は、JKの援助交際の動画を見て感じることが出来ました。

私が無修正のDVDを見たのは1年くらい前になります。
まんこを隠している腕を自ら外すことはできませんでした。
翌日冷静になってから本番したいと詰め寄ったことがあります。
結局そのまま抱くまではいかなかったけど、ものすごい充足感がありました。
といいつつも、やっぱりちょっとほっとした感じだったのです。
股間を抑えてるのを見たら 急激に悪いことをしたと感じました。
結局、これが最初で最後の体験になったのです。
乱暴にされるという状況だけで、感動してしまったのです。
苦しいのを我慢して受け入れてくれたことで好きになりました。
そんな無駄なことをしても、関係は戻りません。
もちろん、JKの援助交際の動画を見ましたが、それを忘れることは出来ません。
程なくして初潮が来たことで胸をなでおろしました。
まだ、15歳だというのに、そうとう無理したのでしょう。
それから、思う存分に輪姦できる場所を探していました。
もしかしたら私たちの関係を察していたのかもしれません。
その後も、何事も無かったように会っています。
まずは援助交際をする約束をして、それから会う手はずになっていたのです。
もしかしたら、緊縛される可能性だって、あったかもしれません。
後ろめたさもあり急激に関係も冷えていきました。
そして、徐々に生挿入する回数が減っていったのです。
ほとんど無意識のうちに求めていたのです。
私は、JKと援助交際することだけは外せないと思っています。
16歳に嫌われたくなくて無理していたのです。
それからまた、触ることも無く時間だけがたちました。
まさか、マンコを見せてくれるとは思ってもいなかったのです。
ただ自分がこんなにまいってしまうとは考えもしませんでした。
それから、一ヶ月ほどたった頃には、かなり仲良くなっていたのです。
きっと援助交際を重ねていくうちに愛撫が上手くなるんでしょうね。
その晩に泊まって、ゆっくりハメ撮りするつもりです。
背が低かったけれど、いい体つきになっていたのです。
フェラをしてもらう気持ち良さを超えるものはありません。
それで援助交際をしようとして、近づいて来たのです。
育ち盛りの身体に興味を持ち始めていました。
個人撮影をしたら、快楽を感じらるかもしれません。
それで何度目かの時についに勃起してるのを見られてしまいました。
そして、Twitterに投稿するのは一日に1回が限度だったのです。
そういう知識は、前から知っているみたいです。
なるべく自然な感じで、パンツを脱がしました。
どうにか、ハメ撮りをするきっかけを作ろうとしました。
また、セックスを望むことは我がままではありません。
その日の夜は、今日の出来事を思い出して抜いたのです。
お互いの体を触りっこするのを気に入ったのです。
今度はなるべく優しく撫でるように気を使いました。
それから、刺激を求めて、JKと援助交際するようになったのです。
あそこの入り口はきつくて、少し強めに入れなければいけません。
何となく物足りなさそうだったので、制服を脱ぎました。
毎回、抵抗されるので、最近はほとんどしなくなったのです。
相手の年齢が低いほど、エッチするのに興奮できました。
セーラー服がみつからなかった時は、なんか虚しくなりました。
それからは毎回、舐めることを求めるようになったのです。
私が個人撮影しようとしたら、猛烈に抵抗されてしまいました。
どちらかといえば、弄られる方が気持ちよかったのです。
たまにでもいいから、乱交することが出来たら、きっと興奮するでしょう。
最終的には抱くこともできず、気落ちしながら帰りました。
援助交際の誘いが来るのを待つべきか、こちらから行くべきか悩みました。
それから、しばらくの間はモザイク無しを見て時間を潰しました。
結局そのまま射精することは出来ませんでした。
その清純な体を犯すことに惹きつけられました。
ようやく思春期になった頃に調教されてしまったのです。
つまり、sexをせずに済んだことで、ちょっとほっとしたのです。
もちろん、芽生えた性欲に逆らうことはできませんでした。
私は、JKの援助交際の動画を見て気持ちが乱れました。
たとえ抵抗したとしても、容赦なく個人撮影したでしょう。
そして、幼い体を凌辱することを覚えてしまったのです。
私は月に一回くらいですがモザイクなしを見てました。
また、SMプレイをしていた人が羨ましいです。
未熟な体を抱きしめたら、明らかに萌えるでしょう。
いつかは3Pしてやろうと思っていました。
そのまま、ゆっくりとアナルに挿入すると感じることが出来るのです。
そして、下半身を露にされたまま縛られていたのです。
私は、JKと援助交際をしたことで充実感で満たされました。
そのあまりにもみっともない格好をしていたので、逃げたくなりました。
丸見えにしてくれたから夢中になれたのです。
もしかして、いつでも中出しが出来ると思っているとしたら甘いかもしれません。
あまりの羞恥に目を潤んで泣きそうになりました。
巨乳を見て起ってしまったことが何度もありました。
私は、JKの援助交際の動画を見て性欲が覚醒したのです。
それでも本気で抵抗できずにいるのは、どこかに求める気持ちがあったのです。
それから、指先を器用に使って振動を与えてみました。
本気で、フェラチオさせられないか怯えていました。
あまりの責めに翻弄され淫らに口を開いてました。
そして、虚ろな目で快感を貪っていたのです。
なるべく、おまんこを見せるのは先に延ばそうとしてました。
もちろん、援助交際をした証拠など残すつもりはありません。
やっぱりパンツを脱がすのはまだ早いかなと思いました。
一緒に暮らすことを望むようになっていったのです。
ようやく、モロ見えにすることを納得して服を脱いでくれました。
まずは信用してもらわないと、裸にはなりません。
それからは、触れるだけで感じるほど淫乱になっていたのです。
三つ編みに編んだ髪が、より清純さを主張していたのです。
私は、援助交際をしたことを知って動揺を隠しきれなくなりました。
薄々私たちの関係に気付いていたらしく、距離をとるようになったのです。
セックスするのが、好きではなかったので、どうでもいいという感じでした。
一目で処女じゃないってわかる服を着ていました。
そして、自由に、お尻を触ってもいいと言われたのです。
きっと、他の人では、満足できないと思いました。
いつの間にか、流出させることが癖になってました。
幼さがまだ抜けない顔に愛おしさを感じるようになっていたのです。
たとえ、援助交際しようとしても簡単ではなさそうです。
私は、モロ出しにしたことで、ようやく気持ちが楽になりました。
前から親しくしていたので、迷わず部屋に入れました。
今日こそ処女喪失させようと、力が入ったのです。
背中から覗き込むようにして胸の谷間を見てました。
他のことに気をとられているうちに手がパンツの中に入ってきたのです。
そして、帰ってくるまで待つことにしました。
私は、無修正のDVDを見終わるまでは、そっとして欲しいのです。
私は、無料の画像を見ることを邪魔されたくなかったのです。
そして、頬擦りされるのが苦手でした。
困った顔をするのを覗き込んでいたのです。
私は、援助交際することに心底惚れこんでしまったのです。
私がハメ撮りしやすいように態勢を変えてくれたのです。
ちょっとショックを受け黙って聞いていました。
もちろん、私が無修正のDVDを見ることは承諾済みだったのです。
17歳の若い肌が恋しくなるのです。
まさか流出させてしまったなんて、おかしくなったのでしょう。
なにかにつけ太ももを撫でようとしてきます。
私は、ワレメを触られまいと、足を固く閉じました。
もちろん、ハメ撮りすることは普通のことではないと思うのです。
膨らんできたので、そろそろブラつけなければいけません。
なんのことだかわからないまま、挿入されたのです。
私は、裏DVDを見ているうちに自然に微笑んでいたのです。
私は、JKの援助交際の動画を見て興奮が助長されました。
これは、ただの遊びだと思ってました。
これから、個人撮影されるんだと思ったら、悦びが込み上げてきました。
少しでも期待に応えようと、緊縛されても我慢をしてました。
そして、顔出しするなんて、明らかにいつもと違ってました。
ようやく、中出しが終わり溜め息混じりに横になりました。
今までは、援助交際でしか関係を持つことができなかったのです。
オメコを舐められると、すぐに反応してしまうのです。
両手で体を押さえつけられ、丸見えにされました。
その頃にくらべたら、いつでもモザイク無しを見れるようになりました。
完全に好きなったわけでもありません。
個人撮影したくなるほど、可愛い顔をしていたのです。
お互いその事には触れないようにしてました。
パイパンを舐められ、つい声を洩らしてしまうのです。
JKと援助交際していたことを、今さら隠してもしかたありません。
私は、無修正のDVDを見ているうちに、だんだん気持ちよくなりました。
乱交をしようとしたら、泣かれてしまったのです。
体に興味が湧いてきて、下の方も見せて欲しいと頼んだのです。
最初は、ただくすぐったいだけでした。
そして、巨乳を吸っているうちに熱くなったのです。
膣を舐めてみたのだけど、とても美味しかったのです。
そして、目隠をしたままベットに入ったのです。
もし、援助交際をするのなら最後までやり通します。
抱きしめた時の独特の柔らかさが気に入ったのです。
そして、ブラジャーを外して、乳首を出したのです。
その時は、舐められて濡れているのだとばかり思っていました。
固く目をつむり、今からおきることに耐えようとしました。
これから先も、モザイク無しを見れるよう願ってました。
次の瞬間、激しい痛みに股が裂かれたかと思いました。
また、無料の画像を見た後の余韻に浸ってました。
覚悟はできていたものの、いざ輪姦されると落ち込みました。
少し目を開けてみると、中に入ってきているのがわかりました。
自分で股間を開いて、おまんこを見せつけたのです。
私は放尿してしまったことを忘れることが出来ません。
今は、無修正を見るのが、とても気持ちいいです。
嫌がっていることを気にもとめてくれません。
予想していた通り、レイプされたのです。
18歳を抱きしめようとしたら、顔を背けてしまいました。
私は、性欲が有り余っていたので、援助交際をしました。
きつくて、やっぱりまだ半分くらいしか入らなかったのです。
逃げるように少しずつ移動しました。
精液を吸っては、そのまま飲んでいました。
その瞬間に、中に出されたのがはっきりわかりました。
しばらくすると、また動かなくなりました。
もし、秘密を知られたら、どうなるかわかりません。
しばらくの間、何度も犯されていました。
処女を奪われたことが飲み込めなかったのです。
もちろん誰にももばれないように気をつけていたのです。
とにかく会わないようにしようと閉じこもっていました。
私は、JKの援助交際の動画を見て興奮が限界に達してました。