2018年05月11日22:27 投稿

女子大生のまんこはパイパンだったのです。

女子大生のまんこを見たくなって、声をかけてみたのです。
クンニすることで性欲を発散させ、すっきりしたかったのです。
愛撫されて、マンスジから愛液が溢れ出ました。
女子大生のまんこを触るためには、近付くしかありません。
ハメ撮りされるのは嫌だったけど、歯を食いしばり耐えました。
二人きりになったら、すぐに裸になるほど深い関係になっていました。
女子大生は、まんこを触られて感じてしまったのです。
寝ている間に個人撮影したことを内緒にしておきました。
とりあえず今から、巨乳を撫でるつもりなのです。

女子大生のパイパンまんこを見て、その気になってしまったのです。

時間の許すまで、丸見えにしてあげたことで喜んでもらいました。
本気で関係を持つことにはかなり抵抗があったのです。
舐められ拒絶の言葉は次第に弱くなりました。
パイパンを見ているうちに射精したくなったのです。
すぐにその部分を洗いたがります。
つまり、擦ることで性欲に拍車をかけるのです。
経験があるなら、どこですればいいかわかるはずです。
揉まれているのを見ることが生理的に好きなんです。
体の痙攣がようやく治まったのです。
あれほど断ったのに強引に流出させてしまったのです。
撫でることを同意させました。
その体を引き寄せ、濡れた股を舐め始めました。
いやらしく擦られて、部屋に響くほどの音を立ててました。
しゃぶられて悦楽の声を漏らしていました。
ぼやけてくる意識の中で乳首を吸ってしました。
納得がいくまで、アダルトを見るつもりでいました。
もちろん、関係を持つことは承諾済みだったのです。
ここまで深く入れたことを考えれば、簡単には抜けません。
ようやく開放されて安堵したのです。
こちらの気持ちなど顧みずセックスしようとするのです。
まるで膨らみをまさぐるように手を動かしました。
触ったら、いったい何故という顔をしてました。
抱かれるかわからないままだと気が落ち着かないのです。
抑えつけられ悦びに震えていたのです。
クリを舐めて快感を与えてやりました。
だいぶ参っている様子だったのです。
個人撮影をしている最中の雰囲気が忘れられません。
自分自身を指でいじめながら、うっすらと瞳を開いたのです。
つまり、股を舌で舐められる快感を知るわけです。
しかしそんな願いは通用するはずもなかったのです。
過去に似たようなのを見た経験があります。
見れば全てを忘れて、しがらみから解放されます。
再び強制的に開かされてしまいました。
夜になって、ようやくハメ撮りが終わりました。
瞳を閉じて甚振られている姿を想像してました。
唇を噛みしめ、官能的な愛撫を想像していったのです。
まんこを見たら充実感が味わえました。
裏DVDを見ている時はとても楽しいのです。
指先で触られたせいで喘ぎ声を抑えることが出来なくなったのです。
もうそれだけの責めで声をあげ始めていたのです。
撫でることに意味がありました。
もし関係を持ちたいのなら、多少、出血しても気にしないことです。
再び快感を与えたのです。
気づかない間に、取り返しのつかにほど流出していたのです。
パイパンを愛撫したことで快感が蘇ってきました。
もっと強めにパイズリするように命令したのです。
揉むことを覚えてしまって、それ以来止められなくなりました。
そしてしばらくすると、再び触りたくなるのでした。
無駄な抵抗とわかりつつも手を解こうとしました。
かなり早い時期からモザイク無しを見てました。
まんこを見せながら、甘えてきたのです。
強く締まり、激しく吸い付いてくるのです。
至近距離で相手の顔を見つめていました。
手馴れた感じでパイパンを撫で始めました。
援助交際していたことは気にしないように決めたのです。
生ハメすることを納得させようと迫ったのです。
深々と突いたおかげで引き抜くこができなかったのです。
吸われるのに合わせて腰を動かしました。
そして、名を呼びながら触ったのです。
ひょっとしたら、舐められていたと思い当たる節もあります。
手足を押さえつけている力を強める結果になりました。
女子大生のまんこを見て快感が込み上げてきました。
触るたびに愛しさを覚えるようになったのです。
何かを探すように手をばたばたと動かし続けていたのです。
まるでローターを入れられるのを待っているかのようです。
舐め終わった後、体中が汗びっしょりになっていました。
挑発するような姿のまま寝転がっていました。
近親相姦をしたというのは、思い込みだったみたいです。
体を逃がそうとしたのですが、一気に奥まで挿入されたのです。
会うたびに丸見えにしてくれるのかを気にするのです。
噛みしめながら、顔を上げて声を響かせたのです。
擦られれば夢中になるに決まっています。
女子大生のまんこを見て感じてしまいました。
脱がされた服が床にはらりと落ちていました。
スカートの中は生まれたままの姿だったのです。
無修正のDVDを見たことで酩酊状態になってしまいました。
凄い締め付けがありました。
しゃぶられて体の奥から発情してしまったのです。
抱き合うにあたって肌のふれ合いを大切にしたかったのです。
微量ながら吹き出ていたのです。
引き抜くと、白濁した体が大量に溢れ出ました。
実際、抵抗しても、擦られてしっかり感じてしまっていたのです。
再び動画を見ることが出来て、とても満足したのです。
相手が巨乳でないと興奮できそうもありません。
特に問題が無ければ、揉んでくれるでしょう。
やたらと責めてくるので、不愉快になったのです。
バックの体位ですることを甘んじて受け入れました。
現在のお気に入りはバイブを使うことです。
抱き合ったら、きっと肉体関係を結んでしまうでしょう。
今まで自分でも知らなかった快感を否定できずにただ黙ってました。
少し上に小さな突起がありました。
女子大生のまんこを見を見たら、体が疼いてしまいました。
揉まれたせいで赤らめた顔を嬉しそうに覗き込んできたのです。
結局は自分で脱がなければならなくなりました。
その瞬間、言われていたとおり意識が覚醒されたのです。
セックスして興奮し過ぎて気が遠くなりました。
しゃぶることを、どうにか納得してもらおうとしました。
そして、脱がすなど色々と要求したかったのです。
長い悪夢から覚めた感覚でした。
無修正のDVDを見るための時間を作りました。
あっけなく脱がされてしまったのです。
何かを覗きながら卑猥な言葉を口にしてました。
夢だと思うことで、早く忘れたかったのです。
パンツを脱がされている時、顔を手で覆ってました。
数時間にわたって続けられたのです。
ようやく撫でられるのが気持ちいいと思うようになりました。
それほど抵抗もできずに、そのまま腰の辺りまで捲り上げられてしまったのです。
自分自身、いささか驚いていたのです。
気付いたのか口内射精をする前に顔を背けてしまいました。
まだ刺激が足りないと思った時は、舐めるようにしています。
音を立てて、舐め続けました。
肉の乾きに耐え切れずに連絡してきたのです。
思い返せば、あの時に本番をしておけばよかったのです。
嘘をつくようになっていたのです。
もっと素直になって舐めさせて欲しかったのです。
抱き合って興奮が限界に達してました。
つまり、感情の流されて、まんこを見せたのです。
ここまで、まったくsexをする素振りも見せません。
唇の締め付けとともに快楽を紡ぎ出したのです。
いざ、揉んでみると、やっぱり違うなと感じたのです。
今まで付き合ってきたけど見たのは初めてだったのです。
18歳をすぎたくらいから急に興味を持ったのです。
ただ、何回も触られれば感覚も鈍くなっていきます。
もう一度、手であそこに強く抑えつけたのです。
巨乳を摩ることに、興味があったのです。
貧乳を吸ったら、体を動かし始めたのです。
触られることが全くい無いとは言えません。
強く後ろに引っ張られ耳もとで囁いたのです。
奥まで入れて舌を絡め頬を窪めて吸いました。
まんこを見て性欲を抑えられなくなっていました。
エッチな服を着ることで、こちらの気を惹こうとしてます。
不意を突かれたせいで声を上げてしまったのです。
ここだけの話しですが、何度も関係を持ったことがありました。
無料の画像を見ることで溢れ出る性欲を満たしました。
一旦それから顔を離して放心したようにため息をつきました。
舐めているうちに自然に微笑んでいたのです。
捲り上げられたスカートから、白い太腿が闇に輝いて見えました。
無修正のDVDを見て、ようやく感じることができました。
下腹部を圧迫されて、思わず放尿してしまいました。
たしかに、吸ってあげたら、やる気がおこるかもしれないです。
相手はまだ痛みがあるようだったけど擦ってあげたのです。
髪が頭の動きに合わせて揺れていました。
股間の美味を堪能してから、後背位に体勢を変えたのです。
モロ見えにされたことで絶頂感を得たのです。
体を舐められて快感に陥ったのです。
恥ずかしくて堪らないはずなのに、しゃぶられて熱くなっていました。
押し広げて、強く吸うと体を反らし顎を上に向けました。
見れば、すぐに状況を変えられそうです。
騎乗位になって腰を動かしながら、天井を見上げ喘ぎ声を漏らしました。
そして、恥ずかしがりながらもまんこを見せてくれました。
そのままの格好で、おしっこをしていたのです。
脱がそうとしていたのに途中で止めてしまいました。
どうすれば部屋に連れ込めるかようやくわかってきました。
硬かったその部分も、今ではすっかり柔らかくなっていました。
フェラチオに時間をかけたあと実際に挿入することになったのです。
見てから、誰かを抱きたくなって我慢できなくなくなりました。
はだけたて露になった胸を上に向けて震えていました。
いきなり顔射するなんて、こんなに敏感だとは思いませんでした。
高画質で見れたことが涙が出るほど嬉しかったのです。
今までとは比較にならないほどに誘惑に包まれていたのです。
きっと舐めてみたい気持ちになるでしょう。
汁をたたえたまま絡み付いてきました。
剥ぎ取られて風呂へと連れ込まれたのです。
もし、無修正のDVDを見なかったら、興奮することはなかったかもしれません。
そして嫌がる相手の手をつかんで舐めたのです。
もちろん、舐めることに戸惑いはありました。
肌を重ねてその凄まじいまでの快楽に夢中になったのです。
可哀想だと思えるくらい責められ堪らず潮吹きしてました。
少しでも期待に応えようと、吸われても我慢をしてました。
無料の画像を見ているうちに気持ちが良くなっていきました。
人を集めて抱き合うのは思ったより大変なのです。
今までに感じた事がない興奮を覚えていたことは一目瞭然でした。
援交していたことを知られて、顔を真っ赤にして怒ってました。
まんこを舐めたことで快感に酔いしれたのです。
脱がす前に、ゆっくりと舐めてきました。
しゃぶられて快感を味わうのです。
前髪が張り付いたまま顔を上げました。
フェラすると一つになれた気がして嬉しかったのです。
撫でまわしながら、下半身を強く引き寄せたのです。
上から押し付けるように口づけしたのです。
優しく指マンしてくれたことに感激しました。
オシッコが漏れそうになるのが気になって仕方がありません。
そのあまりの吸いかたに耐えられなくなって、すぐに隠したのです。
脱がすことはいけないことだという気持ちがしてやめました。
手で包んでゆっくりと上下に擦りました。
説得しても無理ならば、勝手に中出しをしてしまえばいいのです。
舌で唇をかき回すように舐めました。
ベットの上で弾けるように体が仰け反りしびれてしまったのです。
これから自撮りすると思うと俄然やる気が起きました。
動画を見て、恥ずかしそうに顔を真っ赤にしてました。
関係を持ちたくて頼んでも無視され続けられました。
卑猥に擦りながら唇を被せていったのです。
思い切って全裸になっても、何もせずにいてくれました。
今更ですが触ることは自由だと思うのです。
お腹の辺りまで下げられてしまい完全に露出してしまったのです。
そそり立ち、さらなる快楽を求めてました。
ずっと欲していたそれを全身に感じたのです。
女子大生のまんこを見たくて、ついむきになってしまいました。
好奇心に突き動かされてしまい、ついに脱いでしまったのです。
揉まれるのを嫌がっているのに気にもとめてくれません。
気が変わらないうちに、無料の画像を見ていまいした。
うっかり触っていたことを知られたら、後は従うしかありません。
いったい何をしているのか、そんな思いが頭の中を巡っていました。
1週間ぶりに味わい欲情が揺り起こされたのです。
丸見えにすることに快感を覚え始めていました。
答えが曖昧になってしまうのは抱かれたいという願望があったからです。
そう思いながらも強く拒否できず、下着は下がっていってしまうのです。
もちろん、裸を見て全く感じなかったわけではありません。
素人に会うことがなかなか難しかったのです。
結果としてはあっけないほど堕ちてくれたのです。
試しに擦ってもらえたら絶対に興奮するはずです。
なぜかその目に惹かれているような気がしたのです。
その欲望で理性をかなぐり捨てて溺れていったのです。
とても熱心にまんこを舐められ感じまくったのです。
いやらしい目で見られていると感じるだけで興奮してしまうのです。
相手の反応を見て舐めることができるか考えるのです。
あっという間に落ることができました。
エッチしているうちに体の感度が良くなっていくのです。
そんなの恥ずかし過ぎて想像するだけで頭が痛くなってしまうのです。
上手にしゃぶるため色々な角度からやってみました。
全くの杞憂だったようです。
パイパンに指を入れると快感に襲われ叫び声をあげました。
あそこが濡れてきたので始めました。
それを確信しているからこそ、抱くことができなかったのです。
脱がされているところを見ることで興奮してしまうのです。
遠慮せずに動画を見てしまえば良かったのです。
最初は余りの巨大さに痛がり泣いていたのです。
子宮をまともに突き上げられてしまったのです。
モザイク無しを見て、久しぶりに快感が湧いてきたのです。
そんな気持ちを見抜いているのか迫って来たのです。
今は嫌がる素振りしてたけど本当は揉まれるのが好きなのです。
何も言わずにハメ撮りしていたなんて開いた口が塞がりません。
撫でられているうちに心地の良くなってきて、うっとりとしてました。
脱いでいるのを見ないと興奮できないのです。
女子大生のまんこを見るたびに性欲が溜まっていきました。
慌てて個人撮影しようとしても上手く撮れません。
少し見られただけで、こんなに動揺してしまったのです。
今まで何で触らなかったのだろうと悔やんだのです。
その尋常ではない愛撫に溶かされるような悦びを覚えたのです。
モザ無しを見て、徐々に興奮していきました。
一瞬、嫌そうな顔をしたのですけど、関係を持つことを承諾しました。
ここで見つめていることは知られていました。
ここまで流出したら噂が収まるはずありません。
そして、いちゃいちゃしながら揉んだのです。
舐めてしまったことを忘れることが出来ません。
ついに生挿入されて体からすっと力が抜けたのです。
喘ぎながら、もう我慢できないと懇願したのです。
揉まれ、無意識に口からよだれがこぼれていたのです。
気分のおもむくくままに中出しをしたのです。
こちらの気持ちを推し量ってパンツを脱いでくれたのです。
お尻に入れたらすぐに出てしまい、あっけなく終わってしまいました。
タオル一枚という心細い状況になってしまっていたのです。
いきなり体を撫でたら、さすがに手を抓られました。
まんこを触ったことで性的な悦びを感じたのです。
舐めるために、こちらに抱き寄せました。
そして、一ヶ月も経つと、しゃぶることにも慣れました。
無邪気に服を脱いでいるところを盗撮されました。
初めて隠し撮りした時のことを思い出したのです。
誰に対しても揉んでいいわけではありません。
抱き合わなかったことで後悔してしまったのです。
熱い液が奥まで入ってきたのです。
盗撮するため、気付かれない程度に距離を詰めたのです。
触ってから気持ちが高ぶってしまい寝ることができません。
会って数時間しかたってないのに、関係を持つことになったのです。
アナルに無理矢理入れられるなど、とてもつらい思いをしてきました。
しばらく会ってなかったのです。
悲鳴を上げ捲り上げられないように手で押さえたのです。
性感がすっかり高まった時には愛撫が効果的でした。
ようやく顔を出して、次に優しく揉んだのです。
普段は見せたことのない表情で、歓びを露にしてました。
スジマンを舐められた時に緩やかな快楽がありました。
離すまいと言わんばかりに体に絡み付いていました。
しゃぶられた開放感から積極的になったのです。
関係を持ったことを自慢するなんて、きっと興奮していたのでしょう。
今まで陳腐な刺激しか知らなかったのです。
肛門が張り裂けそうになるぐらい大きなものを入れようとしたのです。
吸われて自分でもわかるくらい濡れてしまいました。
舐められて時折声をもらしながら耐えていました。
隠し撮りされたことを知って、やるせない気持ちになったのです。
ちょっと触れられただけで疼くようにされてしまってのです。
舐めるのが終わる頃には完全に言いなりになっていました。
止めるかと思ったら、今度は下着を捲り上げようとするのです。
sexしたことを隠そうとしていることに気が付きました。
触られても、まったく抵抗できませんでした。
そんな大胆な言葉を吐きながら興奮に包まれたのです。
まんこを見て、とても綺麗だと思ったのです。
どうしてよいかわからず黙ったまま乳首を吸ってました。
なぜ関係を持つことになったのか考えるようにしました。
下着もとても薄かったので、すぐに破れてしまいました。
援交をしても良いかなと考えるようになってしまったのです。
一度もしたことが 無かったのです。
つまり吸っていることはだいたい予想がつきました。
時折敏感なところをいじられると、鋭い刺激を覚えました。
きっと、おっぱいを見れるだろうという予感はありました。
驚いて必死に服を脱がされないように抵抗したのです。
擦っている間、固く目をつむり耐えてました。
引いてはぐらかすようにして焦らすのです。
きわどい服を脱いで、モロ見えにしました。
ほとんど何もしゃべらず、一緒に入ったのです。
体を掴んで軽く引っ張ってきました。
舐めて十分に感じさせてあげようと考えたのです。
美乳を見た瞬間になぜか冷静になってしまい体を離したのです。
体を撫でるように動かしました。
吸いたがって、なかなか寝むらせてくれなかったのです。
思うがままの反応を示すようになっていました。
最初はただ自画撮りしているだけでした。
冷静になって見たいと考えました。
今日会ったばかりで見せるのでは訳が違うのです。
下着を全部脱いでまんこを見せたです。
無理して貰った写真を大切に持ってました。
それから、エロいことができたことで上機嫌になったのです。
脱がされて今までしたことのない体位で入れました。
吸われるために、足は開かれていったのです。
Twitterで投稿にすれば考えが、がらっと変わります。
相手のことなど気にせずクリトリスを噛んだのです。
背後に忍び寄ってから、写メしたのです。
顔を真っ赤にして恥ずかしがるのを見て笑っていました。
愛撫のしかたが半端じゃなかったのです。
マンスジを舐めた時ほど興奮したことはなかったと思います。
脚を折り曲げ、腰を突き出すような格好になったのです。
たくましすぎるほどにいきり立っていたのです。
気に留めてくれなくてもいいから、ただモロ見えにしたかったのです。
まんこを指で開いて奥まで見せてくれました。
撫でられている間、激しい痛みに股が裂けると思いました。
言われて初めて胸の谷間が大きく露出している事に気付いたのです。
まだ舐めただけなのに感じてしまったのです。
すぐにでも、関係を持ちたくて早く家に帰りたいと思っていたのです。
その動きが激しいものになっていったのです。
もちろん、クンニしてもいいものか葛藤がありました。
19歳になって、いきなり別れてて欲しいと言われました。
話しかけられたくないらしく、そっぽを向いてました。
舐めやすくするため姿勢を変えてくれました。
モザイク無しを見ているうちに少しづつですが感じてきたのです。
気になることを言われたのです。
嫌なことがあって、自暴自棄になり援交を始めたのです。
中出しが終わったら力が抜けてしまいました。
体を掴み密着させるように背後に立ったのです。
脱がされて混乱してしまったのです。
胸の谷間が見えてしまっていたのです。
しかももう少しで見えそうだったのです。
さっきからずっと感じてしまっているのです。
逆さ撮りするという行為が一線を越えてしまうと分かっていました。
下半身をモロ見えにしたまま動こうとしません。
動画を見て悲鳴のような声を上げました。
そして目がある場所で止まったのです。
油断していたのか、体を隠していたのを脱がされてしまったのです。
女子大生のまんこを見たいのなら我慢する必要などありません。
まだ20歳なので、もちろん処女です。
しゃぶることができて大喜びしてしまいました。
すでに気分が浮かれていたので揉んでいました。
電マをあてられて何かが変わった気がしたのです。
目を細めながら隠している体を見つめていました。
少し戸惑いながらも、揉んでくれたのです。
驚異的なことに一度も出していないのです。
膣を舐めることで興奮したたらしく、その行為が毎日続きました。
そろそろ溜まった液を吐き出したくなってました。
まったく感じることが出来ないくらい、やり方は稚拙だったのです。
触ってもらって、すっきりしたかったのです。
一度落ち着きたくなったのです。
女子大生のまんこを見たことで、高まる性欲に翻弄されました。
あの時、無理矢理されたことを忘れることは出来ません。
股間を舐めやすい姿勢をとったのです。
処女喪失してから、もう1年がたちました。
掴まれそうになった手を慌てて引いたのです。
関係を持つことに興味ありそうな顔していたのです。
もちろん終わってしまうようなことはありません。
シックスナインをすると、くすぐったくて笑いが止まらなくなってしまうのです。
触ったらもっと固くなるはずだと手を掴もうとしてきました。
揉んだ後の余韻に浸ってました。
大きな瞳に光が蘇ったのです。
青姦をする時に無言になってしまうのは当然なことです。
脱がされていくことを想像して唇を噛んだのです。
軽く触れた途端に激しく乱れてしまったのです。
頭を横に振って、この異常な状況の中でもなんとか理性を保とうとしました。
さらに追い詰めるかのようにどんどんエスカレートしていったのです。
もし、帰りが遅くならなければ、輪姦されることはなかったのです。
エロいことをした途端に声を上げたのです。
顔を近づけられるとどうしても目がそこにいってしまうのです。
やっぱり見てるだけでも変な気分になってきそうです。
その抵抗はあまりにも絶望的でした。
何か嫌な予感して調べてみたら、妊娠してました。

女子大生のまんこをパイパンして興奮したのです。

気持ち良くさせてあげたかったのです。
それでも何とか逃れようとしましたが感じてしまうのです。
吸うことができて落ち着きを取り戻したのです。
触ったら、興奮して眠れなくなりました。
吸うのは、好きではなかったので、どうでもいいという感じでした
きっと、関係を持ったことが影響しているのでしょう。
ワレメを舐めたことを思い出すたびに、頬が緩みました。
数日しかたってないのにまた呼び出されました。
盗撮したら、まるで今までとは違う興奮を感じたのです。
だいぶ時間があったので、揉むことが出来ました。
恥ずかしそうにして目線を逸らしたのです。
無理なことを悟ったのです。
抱きたくなるほど性欲が有り余っていたのです。
擦られたことを隠しているような気がしてしまうのです。
そして、一気に体の奥にまで貫いたのです。
擦って魅力を感じることができました。
表情を見つつ何かを訴えていました。
乱交をしてみないと本当の快感は分からないかもしれません。
もし、揉んでいたなら最後までやり通します。
また、揉むたびに破廉恥に喘ぎ声をもらすのです。
汗まみれにしながら必死になって説得しようとしてました。
レイプされているというのに気持ち良さを感じてしまったのです。
脱がしたことで、ようやく気持ちが楽になりました。
脱いだのを見たのですが想像していたよりましでした。
クリトリスを愛撫できたことで満足したのです。
これ以上、舐め続けられるのは耐えられないと思いました。
1いろいろなポーズをさせて抱きました。
それから見て興奮して射精したくなったのです。
舐めるため、抱っこしてベットに入ったのです。
揉まれているうちに若い頃の気持ちがよみがえってきたのです。
このまま続けたら、おかしくなってしまいます。
いったいどこで、割れ目を見られたのか聞きだそうとしました。
まさか3Pにまで発展するとは、思いもしませんでした。
涙を浮かべて、とても綺麗でした。
抱きしめたくなるほど、可愛い顔をしていたのです。
もう訳が分からなくなって、脱がしたのです。
しゃぶられいるのが見れるよう願ってました。
責めることが出来たら、これ以上、望むことはありません。
動画を見ればもっと落ち着くはずです。
お尻を舐められ涎だらけになってしまいました。
女子大生のまんこを見たい気持ちをわかって欲しかったのです。