2018年5月14日19:17 投稿

女子高生は、まんこを触られて感じてしまいました。

女子高生のまんこを見れたら気持ち良いはずです。
個人撮影していたら気持ちが良くなってきました。
ハメ撮りした時の快感が蘇ってきました。
欲望に従って、女子高生のまんこを触ってみたのです。
動画を見ることを無意識のうちに求めていたのです。
アダルトを見ることで、やらしい気分になるのでした。
女子高生は、まんこを舐められて感じまくったのです。
個人撮影することで性欲を満たしました。
流出させるためには気合が必要です。

女子高生のまんこを舐めることに魅力を感じました。

このまま続けたら、おかしくなってしまいます。
抱きたくなるほど、可愛い顔をしていたのです。
そして、ベットに入ってからすぐに乳首を吸ったのです。
少しだけ舌で転がして再び口から出しました。
いろいろな姿勢になってもらい舐めました。
触っているうちに若い頃の気持ちがよみがえってきたのです。
丸見えにしたら、いきなり手で触ろうとしてきたのです。
今度はひざまずいてこぼれないように飲んだのです。
もしかしたら、セックスできるかもと思い、軽く迫ってみました。
見て魅力を感じることができました。
これ以上、舐め続けられるのは耐えられないと思いました。
それこそ夢中になって、クリを刺激し続けたのです。
艶めかしい痴態を晒け出していました。
太めのポッチャリの体を責めることに踏み切りました。
そして、一気に体の奥にまで入れたのです。
硬いもので後ろから貫いたのです。
どうにか巨乳を揉ませてもらえないか頼んでみました。
暖かさが残る感触に小さく嗚咽をもらしました。
関係を持つことができて落ち着きを取り戻したのです。
撫でたら、興奮して眠れなくなりました。
たとえ逆らったとしても、女子高生は、まんこを舐められてしまうでしょう。
相手が嫌がる様子を見せないので、好きなだけハメ撮りしました。
その先端が、軽く触れただけで感じました。
吸われて激しく乱れてしまったのです。
それから唾液が混ざった液が流れ出てきたのです。
裏DVDを微動だにせず見ていたのです。
快感の中に引きずり込まれそうになったのです。
抱かれることを想像して唇を噛んだのです。
何でもする覚悟が出来ていました。
また挿入することで性欲を発散させていました。
あの時、無理矢理に抱かれたことを忘れることは出来ません。
体を仰け反らして股を舐めやすい姿勢をとったのです。
流出したのを見れたことが、とても嬉しかったのです。
パイパンを触ったら、とても気まずくなったのです。
舐めることができて大喜びしてしまいました。
すでに気分が浮かれていたので揉んでいました。
パイズリされ続け、赤みを帯びてきました。
今はきっと、懇願した顔で見ているのです。
肩を掴み体を密着させるように背後に立ったのです。
脱がされて混乱してしまったのです。
しかし、それは仕組まれた罠だったのです。
そして、モザイク無しを見て再び欲情したました。
まだ脱いだけなのに感じてしまったのです。
すぐにでも見たくて早く家に帰りたいと思っていたのです。
なりふり構わず、クンニしてしまいました。
早く、まんこを見たくて焦っていました。
足を折り曲げ、腰を突き出すような格好になったのです。
たくましさを感じさせるhど立っていることを知ったのです。
そして息を切らせながらお願いしたのです。
妹との関係は完全に終わってました。
四つん這いにされ今までしたことのない姿勢で入れられました。
入れるために、足は開かれていったのです。
可愛い顔をしながら援助交際をしていたのです。
生ハメされたことで、気持ちはとても敏感になっていました。
床の上で体をうつ伏せにさせるように動かしました。
吸いたがって、なかなか寝むらせてくれなかったのです。
初めてを見る事ができて感慨深かったのです。
自分の欲望を満たすために、性奴隷にしました。
一度もしたことが 無い初心だったのです。
つまり関係を持ったことはだいたい予想がつきました。
動画を見るたびに性欲が増していきました。
その頃は完全にローターを使うことにはまってました。
そんな大胆な声を漏らすのが聞こえたのです。
深い興奮に包まれたのです。
足を大きく開かせて、マンスジを見たのです。
さすがに近親相姦することまでは考えなかったのです。
舐められて時折声をもらしながら耐えていました。
触られても、まったく抵抗できませんでした。
力尽きたものを、まだしばらく舌で優しく撫でました。
もう、丸見えにすることを止められなくなっていました。
普段は見せたことのない表情で、歓びを露にしてました。
吸われて自分でもわかるくらい濡れてしまいました。
まんこを見ることを想像するたびに気持ちが高揚しました。
動画を見て性欲が限界に達したのです。
スカートの奥からようやく手を出したのです。
次に小ぶりな胸を優しく揉んだのです。
とても熱心に無修正のDVDを見ていました。
咥えて、いやらしい音をたてながら舌を動かしてました。
脱がしてから気持ちが高ぶってしまい寝ることができません。
会って数時間しかたってないのに、触ることになったのです。
そう信じたことが悲劇の始まりだったのです。
思い切って告白したら好感触でした。
腕を縛られたまま跨ったのです。
性欲を発散した後は、そのまま放置しました。
舐めるために、こちらに抱き寄せました。
そして、一ヶ月も経つと抱かれることにも慣れました。
もちろん巨乳を愛撫する時は、いつも気を使っています。
もう我慢できないと懇願したのです。
揉まれ、無意識に口からよだれがこぼれていたのです。
また、バックの体位になれば興奮できると確信してました。
バイブを使ったことで性欲を取り戻しました。
ここで見つめていることは知られていました。
細い声で喘ぎながら体を震わせました。
それから数ヶ月がたち、忘れて掛けていたのです。
見ないと興奮できないのです。
一瞬、嫌そうな顔をしたのですけど、抱かれることを承諾しました。
言ったのと同時にズボンとパンツをおろしていました。
もちろん、口内に出すのは特定の相手だけです。
女子高生は、まんこを触られ動揺を隠しきれない瞳で見つめ返してきました。
動画を見ることに、どっぷりと浸かっていました。
その場を動くことができなかったのです。
擦っているうちに心地の良くなってきて、うっとりとしてました。
透き通る様な液体を滝のように溢れさせました。
電車の車内で痴漢に犯られているのを救ったのです。
濡れてきたのですぐに始めました。
それを確信しているからこそ脱がしたのです。
それから、気持ち良さを求めて、セックスを繰り返しました。
パイパンを舐められて、絶頂感に達してしまいました。
正確には覚えてませんが、3回くらいしました。
うっかり出したことを知られたら、後は従うしかありません。
いったい何をしているのか、そんな考えが頭の中を巡っていました。
無修正のDVDを見ているうちに感じ始めたのです。
これは確かに上手いかもしれないと思いました。
反応した体がしびれるように痙攣したのです。
ベットの上で弾けるように仰け反りました。
必死に舌を絡めてキスをしてました。
女子高生のまんこを見たい気持ちをわかって欲しかったのです。
パンツを脱がすことができて興奮していたのです。
差し出した舌で舐め始めたのです。
唇をかき回すように舐めました。
それ以降は、今までの半分も感じなくなってました。
だんだんと動きが速くなってきて我慢が出来なくなったのです。
撫でまわしながら、下半身を強く引き寄せたのです。
上から押し付けるように口づけしたのです。
色々なところへ連れて行ってくれたのです。
意識を集中しているのが、こちらにも伝わってきました。
そして、いきなり口内射精するのは失礼でしょう。
出会いが欲しくて、目を血走らせて周りを見てました。
とりあえず、言われたとおりに本番することにしました。
責められ堪らず叫んでいました。
少しでも期待に応えようと、脱がされても我慢をしてました。
全部飲んでくれたので、とても気持ちよかったのです。
まんこを見せたことは口外しないように口止めされました。
はだけた服から露になった胸を上に向けて震えていました。
可哀想だと思えるくらい弱々しい声をだしました。
そして、sexしている間中、気持ちが良いのか体をくねらせてました。
奥に何かが入ってくる感じがしました。
こんなに大勢に抱かれたら、すぐに果ててしまいます。
見れば、すぐに状況を変えられそうです。
脱いでから、誰かを抱きたくなって我慢できなくなくなりました。
15歳をすぎたくらいから急に興味を持ったのです。
それを両手で押し広げて見せたのです。
もっと強く吸うと体を反らし顔を天井に向けました。
いとおしげに巨乳を揉み始めました。
この時は、まだ貧乳だったのです。
擦っているうちに自然に微笑んでいたのです。
捲り上げられた下着から、白い太腿が見えました。
JKを抱いたら心地よい甘い香りがしました。
ただ、何回も触られれば感覚も鈍くなっていきます。
もう一度、手であそこに強く抑えつけたのです。
まんこを触って、どうにか感じさせることができました。
無理矢理にエッチしようとしたら、叫び声を上げてしまったのです。
特に問題が無ければ、抱かせてくれるでしょう。
やたらと責めてくるので、不愉快になったのです。
無料の画像を見ることで性欲が再び蘇ってくるのです。
華やかさと色香は、同級生とは比べものにならないほど刺激的だったのです。
机の上で何かを探すように手を動かしてました。
腕をばたばたと動かし続けていたのです。
足の指先が伸びて痙攣しています。
無修正のDVDを見ているうちに欲望が込み上げてきました。
もう訳が分からなくなって、脱いでしまったのです。
胸の膨らみをまさぐるように手を動かしました。
不覚にも、その場で放尿してしまったのです。
つまり、吸うことで性欲に拍車をかけるのです。
舐めるたびに愛しさを覚えるようになったのです。
あれから何回頼んでも、裸になってくれません。
見ることが生理的に好きなんです。
すぐにその部分を洗いたがります。
もちろん、証拠など残すつもりはありません。
今日も眠れそうにないとため息をついたのです。
頭を何度も振り、悦楽の声を漏らしていました。
経験があるなら、どこで脱がせればいいかわかるはずです。
全てが終わったあと精液が流れ出ました。
その時はできる状況ではなかったのです。
いやらしく吸い付く口から涎が垂れてました。
部屋に響くほどの音を立ててました。
声が出そうになったので、手で口を塞ぎました。
そしたら、いきなりモロ見えにしてきたのです。
もちろん、舐めることは承諾済みだったのです。
ここまで深く入れたことを考えれば、簡単には抜けません。
そして、騎乗位ができた時に快感がありました。
まんこを舐められて、一気に昇天しそうになりました。
何をするかわからないままだと気が落ち着かないのです。
ベットの上で抑えつけられ悦びに震えていたのです。
おしっこするなんて、思いも寄らなかったのです。
一度だけ唇に無意識に触れてしまったことがありました。
再び瞳をうっすらと開いたのです。
つまり、股を舌で舐められる快感を知るわけです。
壊れてしまったと思うぐらい、強く抱きしめられました。
なんだかんだ文句を言いながらも、フェラチオしてくれました。
もちろん顔射することなんて滅多にありません。
見れば全てを忘れて、しがらみから解放されます。
自分自身を指でいじめながら声をあげました。
これで、高画質で見れるようになったということです。
官能的な顔つきを浮かべていったのです。
過去に似たようなものを見た経験があります。
閉じられた瞳から長いまつげが伸びてました。
瞳を閉じて甚振られている姿を想像してました。
触られながら唇を噛みしめ耐えていました。
今まで見たことのない苦しそうな顔をしてました。
目が合うと気まずそうに笑っていました。
喘ぎ声を抑えることが出来なくなったのです。
もし触りたいのなら、多少、嫌がっても気にしないことです。
より長く、無修正のDVDを見るために時間を使い分けしました。
脱がそうとしたら、いったい何故という顔をしてました。
関係を持つことを同意させました。
妊娠することを了承してしまったのです。
そしてしばらくすると、再びしたくなるのでした。
更に深く指先を中に届かせたのです。
毎日あんな風に犯されているのです。
至近距離で絡み合って顔を見つめていました。
擦ることを覚えてしまって、それ以来止められなくなりました。
毎日のように無料の画像を見たとしても、数に際限がありません。
その体を引き寄せ、濡れた唇を舐め始めました。
本気で抱くにはかなり抵抗があったのです。
かねてから、援交してみようと考えていたのです。
熱く潤った窪みから溢れ出てきたのです。
強く締まり、きつく指に吸い付いてくるのです。
まんこを舐めれたので、もう我慢できなくなりました。
何度も夢の中で奪った唇が目の前にあったのです。
指先を引き抜くこができなかったのです。
ひょっとしたら、脱がされたと思いました。
一生懸命、舐めていますが、かなり苦しそうでした。
まるで独り占めするようにしゃぶりっぱなしでした。
挑発するような淫らな顔をして寝転がっていました。
深々とあそこを突いて喜んでいました。
しばらくは、フェラされることに夢中になっていました。
細かい刺激を与えながら、指マンすると気持ち良いはずです。
下着の下は生まれたままの姿だったのです。
舐め終わった後、体中が汗びっしょりになっていました。
感じ過ぎて、ついにオシッコ漏らしてしまったのです。
抜けるような白い胸元を覗き込んでいたのです。
脱がされて床にはらりと落ちていました。
上半身をブラだけで隠していたのです。
もっと気持ちよくなりたくて、中出ししました。
風呂場の中で、自撮りしていることに気づかれてしまいました。
触るにあたって肌のふれ合いを大切にしたかったのです。
脱がされた服が、薄闇に消えていきました。
このまま射精する訳にはいかないのです。
まずは全裸になってもらって、やる気を高めました。
そう考えたら、体の奥深くから感じてきました。
やがて溢れ出るかのように発情し始めたのです。
感じることも無く、終わってしまうだろうと思っていました。
決して褒められたことではないけど、やめられません。
見られてしっかり感じてしまっていたのです。
再び擦ることが出来て、とても満足したのです。
女子高生は、まんこに指を入れられた時に緩やかな快楽がありました。
動画を見るのは、とても良い刺激になりました。
否定できずにただ黙ってました。
実際、気持ちでは抵抗があったのです。
もっと良く探さなければ、無料の画像を見ることはできません。
触ったら、きっと肉体関係を結んでしまうでしょう。
今まで自分でも知らなかった本性を出してしまいました。
顔が映ってないけど美人そうでした。
嬉しそうに覗き込んできたのです。
結局は自分で脱がなければならなくなりました。
何も心配せずに挿入すれば良かったのです。
これから先、求められる限り丸見えにするつもりです。
また、裸になってくれると信じてました。
そして、脱がすなど色々と要求したかったのです。
そんな羞恥のせいで赤らめた顔を下に向けました。
気付かれないようにゆっくりと、勃起したものを太ももに押し付けました。
何もかもどうでもよくなって素人と付き合うようになったのです。
中を覗きながら卑猥な言葉を口にしてました。
舐めることを、どうにか納得してもらおうとしました。
恥ずかしがっていた面影は無くなっていました。
あっけなく見られてしまったのです。
下着の中に手を入れてきたのです。
やがて一生懸命にしゃぶり始めました。
今までに感じたことのない屈辱感でした。
まんこを舐められて悦びの声を上げ続けてました。
ようやくされるのが気持ちいいと思うようになりました。
それほど抵抗もできずに、そのまま胸の辺りまで捲り上げられてしまったのです。
再び、手で弄りながら横になって休んでいました。
一日中、エッチをしていたら、さすがに疲れました。
まだ刺激が足りないと思った時は舐めるようにしています。
音を立てて、舐め続けました。
いきなり押したをしてバックでしようとしたのです。
もっと素直になって舐めさせて欲しかったのです。
見て興奮が限界に達してました。
パイパンを見せて、盛り上げることにしました。
初めて見る表情に興奮してしまいました。
いざ、揉んでみると、やっぱり違うなと感じたのです。
今まで付き合ってきたけど見たのは初めてだったのです。
今まで、一度も口にすらしなかったことです。
肩を掴んで強く後ろに引いたのです。
耳もとで気持ちを告白したのです。
恥ずかしいと言って断ると嫌われてしまいます。
つまり、早く気持ちを切り替えてモザイク無しを見たかったのです。
ここだけの話しですが、何度も抱いたことがありました。
脱がされることが全くい無いとは言えません。
ハメ撮りすることを想像するたびに、気持ちが高揚しました。
手馴れた感じで、女子高生は、まんこを見せたのです。
相手はまだ痛みがあるようだったけどしたのです。
不意を突かれたせいで声を上げてしまったのです。
動画を見たため一気に性欲が盛り上がりました。
ずっと前から、個人撮影するつもりでいたのです。
見られている場所が反応して熱くなっていました。
たしかにしてあげたら、やる気がおこるかもしれないです。
抱え上げると、そのまま部屋を出ました。
ちょっと嫉妬していたので、強めに抱き締めました。
体を舐められて快楽に陥ったのです。
恥ずかしくて堪らないはずでした。
この時点でも、まだモザ無しを見ようとしていたのです。
舐められ拒絶の言葉は次第に弱くなりました。
激しい責めで声をあげ始めていたのです。
早く流出させたくて焦っていました。
人気ない公園に行きキスされたからその気になったのです。
脱がせようとしていたのに途中で止めてしまいました。
どうすれば部屋に連れ込めるか最近ようやくわかってきました。
そういう気分になった時に、流れに任せて生挿入すればいいのです。
中出しをした時の快感が忘れられません。
パンツを脱がすために無理な姿勢をとらせたのです。
性の誘惑に包まれていたのです。
きっと舐めてみたい気持ちになるでしょう。
お尻にたっぷりと肉が付いていた印象があります。
まんこを舐められているうちに意識がどこかに飛んでいってしまいました。
もちろん、舐めることに戸惑いはありました。
今までとは比較にならないほど感じました。
その間にありとあらゆる場所から盗撮したのです。
どんなにいい体でも、満足させられなかったら意味ないのです。
舐めていたことは、表情を見れば一目瞭然でした。
そして嫌がる相手の手をつかんでしたのです。
いつも通り責めて、ちょっと早めに挿入しました。
積極的に応えるようになったのです。
人を集めてするのは思ったより大変なのです。
今までに感じた事がない興奮を覚えました。
最初は抗うが、最後にはに犯されるのです。
盗撮したい欲望は昔と少しも変わらないのです。
触る前に、ゆっくりと舐めてきました。
見て快感を味わうのです。
まんざらでもない態度で、アナルを見せていました。
あまりの羞恥に耐えられなくなって、すぐに隠したのです。
関係を持つのはいけないことだという気持ちがしてやめました。
膀胱が膨らんでいるような我慢できない切迫感がありました。
褒められて、恥ずかしそうに顔を真っ赤にしてました。
吸いたくて頼んでも無視され続けられました。
その身も心も全て捧げる決めてました。
スジマンを何回見ても、もちろん飽きることはありません。
今更ですがすることは自由だと思うのです。
ブラジャーは腰の辺りまで下げられてしまい胸は完全に露出してしまったのです。
一旦それぞれお風呂に入ったのです。
そして照明をかなり暗めにして、始めました。
好奇心に動かされてしまい、つい言われた通りに脱いでしまったのです。
撫でるのを嫌がっているのに気にもとめてくれません。
初めてなので、一応決まり事を作りました。
肛門を見て、まだまだいけるじゃないかと思ったのです。
そう思いながらも強く拒否できずにいました。
やがてスカートは下がっていってしまうのです。
気にしてなければ隠し撮りされたこともわからないかもしれません。
初めてで緊張しているようでした。
返事が曖昧になってしまったのです。
見られたいという願望があったからです。
ただ闇雲にパンツを脱せばいいわけではありません。
相手を見つけるのは非常に容易でした。
心の中で何かが壊れていくのがわかりました。
なぜか惹かれているような気がしたのです。
今すぐにでも、sexを始めそうな様子を見せてました。
相手の反応を見てできるか考えるのです。
試しに見せてもらえたら絶対に触るはずです。
まんこを触らせるため、下半身を突き出すような姿勢をとりました。
上手にするため色々な角度から撮ってみました。
いやらしい目で、見られていると感じるだけで興奮してしまうのです。
そして、乳首を見られていることに気付いて恥ずかしくなったのです。
援交をしないか聞かれて返事をする間もなく、気づくとホテルに連れ込まれてました。
そんなの恥ずかし過ぎて実行できません。
想像するだけで頭に血が上ってしまうのです。
以前から、変わった性癖がありました。
気持ち悪くて、舌がつかないようにしました。
見られることで興奮してしまうのです。
遠慮せずに脱がしてしまえば良かったのです。
おっぱいを揉むことを強く求めいるのがわかったのです。
あまりに抵抗するので噛んだのです。
お互いの体を堪能し朝を迎えました。
そんな気持ちを見抜いているのか強引に迫って来たのです。
嫌がる素振りしてたけど見られるのが好きなのです。
もちろん本気で、モロ見えにするつもりでいました。
擦ることに意味がありました。
舐めるのに合わせて腰を動かしました。
脱衣場に向かって歩いてました。
美乳を見て性欲が奮い立ったのです。
今も少し見られただけで、こんなに動揺してしまったのです。
今まで何でしなかったのだろうと悔やんだのです。
月明かりに照らされた姿を見たのです。
女子トイレの中で自画撮りする機会を窺っていたのです。
まんこを触っただけで気持ちよくなってました。
そして、いちゃいちゃしながら抱き合ったのです。
撫でてしまったことを忘れることが出来ません。
つきあいはじめた頃に貰った写真を大切に持ってました。
なぜか体を熱くしてしまっていたのです。
いきなり体を撫でたら、さすがに手を抓られました。
エロいことを想像していたら、汗びっしょりになってしまったのです。
舐めなかったことで後悔してしまったのです。
下着一枚というこの心細い状況になりました。
積極的にTwitterで投稿しなければ、関係は持てません。
クリトリスが、どんな形になっているのか知りたかったのです。
悲鳴を上げて慌ててスカートを捲り上げられないように手で押さえたのです。
誰に対しても見せていいわけではありません。
おぼつかない調子で舐めていると、罵声が飛んできたのです。
まさかの発言に戸惑ってしまったのです。
会ったことを自慢するなんて、きっと興奮していたのでしょう。
しばらく会ってなかったのです。
怒られて止めるかと思ったら、今度は捲り上げようとするのです。
脱がすことが出来た開放感から積極的になったのです。
その時がきたら、マンスジを触ってやろうと考えています。
そして、名を呼びながら抱いたのです。
唇を噛みしめながら、頭を上げて嬌声を響かせたのです。
いつになく性急にモロ見えにしようと、慌てて服を脱ぎ始めました。
下着は薄い素材だったので、すぐに破れてしまいました。
終わる頃には完全に言いなりになっていました。
まんこを触られて興奮のあまり震えが止まりませんでした。
肉体の交わり以上の快楽を味わいました。
なぜする気になったのか考えるようにしました。
力が強い上に体も大きかったのです。
驚いて必死に下着を取られないように抵抗したのです。
抱かれている間、固く目をつむり耐えてました。
そして、クンニするために股間を指で開きました。
16歳になって、いきなり別れてて欲しいと言われました。
髪を掴んで軽く引っ張ってきました。
舐めて十分に感じさせてあげようと考えたのです。
とても、忙しかったけど、モザイク無しを見る時間を作りました。
肉体の虜になっていたと思います。
冷静になって見たいと考えました。
今日会ったばかりで見せるのでは訳が違うのです。
いつまでたっても、終わることがなく焦燥感に襲われました。
最近になって、ようやく援交している時に感じるようになったのです。
触ってから反応を見て声を出して笑っていました。
愛撫のしかたが半端じゃなかったのです。
たとえ拒否されたとしても、中出しするつもりです。
頭を動かして、唇で擦り続けたのです。
胸が大きく露出している事に気付いたのです。
顔を真っ赤にして恥ずかしがってました。
性の快感を与えたら、目が潤み始めました。
逆さ撮りされたのを見て快感が味わえました。
入れやすくするため姿勢を変えてくれました。
少女はセックスしている間、激しい痛みに股が裂けると思いました。
脱いで見せれば夢中になるに決まっています。
なかなかモロ見えにしてくれなくて、焦れてしまいました。
恥穴を開いて、求めるようになったのです。
女子高生が、まんこを触られて気持ち良さそうな声を出していました。
もう少しで見えそうだったのです。
話しかけられたくないらしく、そっぽを向いてました。
まだ17歳なので、もちろん処女です。
電マをあてているうちに少し濡れてきたのです。
油断していたのか、隠すのを忘れていました。
下着が少しずり落ちて、胸の谷間が見えてしまっていたのです。
セーラー服を着せたまま抱いたこともありました。
少し戸惑いながらもさせてくれたのです。
そして目線が体のあるところで止まったのです。
指で開いてみて見ると、膣の中はピンク色だったのです。
そうやって、愛撫し悶えさせて変貌させました。
逃れるためには、気持ち良くさせるしかなかったのです。
まだ蒼い体を鑑賞していたかったのです。
まだ幼さを残す顔が少しずつ緩んでいきました。
抱いてもらって、すっきりしたかったのです。
目を細めながら隠している体を見つめていました。
女子高生のまんこを見れた嬉しさで目を細めました。
年齢はわかりませんが、処女喪失しているみたいです。
体に興味ありそうな顔していたのです。
まったく感じることが出来ないくらい、やり方は稚拙だったのです。
その先は、もう獣のように交わってました。
一つ下の後輩と付き合ってました。
見た後の余韻に浸ってました。
掴まれそうになった手を慌てて引いたのです。
わざとじらすようにゆっくりとシックスナインしたのです。
なぜなら、胸元で挟むことが好きだったのです。
行動はどんどんエスカレートしていったのです。
触ったらもっと固くなるはずだと手を掴もうとしてきました。
しゃぶっていくと、固くなって先端から汁が出てきているのがわかりました。
底なしの性欲の生贄になったのです。
本当のところは青姦なんてしたくなかったのです。
なんとか理性を保とうと自分に言い聞かせました。
さらに追い詰めるかのように触ったのです。
輪姦されている時に普段とは、まったく違った表情を見せてました。
たまにはエロいことをしてみることにしました。
やっぱり見てるだけでも変な気分になってきそうです。
頭を横に振って、この異常な状況を耐えました。
現在でも、しっかり腰もくびれていました。
本当は妊娠したことを知ってから好きになったのです。

女子高生は、まんこを触られて、敏感になっていたのです。

きっと、したことが影響しているのでしょう。
起ったのを顔を近づけられるとどうしても目がそこにいってしまうのです。
とても、セクシーだったので感心してしまったのです。
ワレメを見て、性欲が限界に達したのです。
今、顔出しをしたら、迷惑がかかるかもしれません。
恥ずかしそうにして目線を逸らしたのです。
撫でるのは、好きではなかったので、どうでもいいという感じでした。
盗撮することに、どっぷりと浸かっていました。
次第に愛情が大きくなっていきました。
初めての割にうまいなんて、よほど淫乱なのでしょう。
見せたことを隠しているような気がしてしまうのです。
だいぶ時間があったので、触ることが出来ました。
ここで泣きついて、甘えるわけにはいかないのです。
勃起していることを指摘されてしまいました。
また、舐めるたびに破廉恥に喘ぎ声をもらすのです。
吸いたくなるほど性欲が有り余っていたのです。
危うく乱交になりそうになったところを慌てて逃げてきたのです。
その気にさせるだけさせて、おあずけになりました。
レイプされると、やっぱり感じ方が違ってくるのです。
もし、するのなら最後までやり通します。
触ったら感じて溢れ出てきました。
クリトリスを舐めるために下半身に顔を埋めたのです。
ふたたび割れ目に入れるのに、少し時間をおきました。
触ったことで、ようやく気持ちが楽になりました。
見たのですが想像していたよりましでした。
性欲が高まって、まさに3Pが始まろうとしてました。
制服に着替えている最中です。
それから、見て興奮して射精したくなったのです。
舐めるため、お姫様抱っこしてベットに入ったのです。
嘲笑を受けながら我慢しなければなからなかったのです。
18歳になれば、もっと落ち着くはずです。
すべてが見れるよう願ってました。
責めることが出来たら、これ以上、望むことはありません。
お尻をよく見ると良い形をしていることがわかりました。
動画を見て萌えたのです。
女子高生は、まんこを舐められている最中は無抵抗のままでいることにしました。