2017年09月09日19:56 投稿

私は、女子大生のエロ動画を見たくなってしまったのです。

私は、女子大生のエロ動画で巨乳を見ることに魅かれたのです。

女子大生はエロいと思ってました。
個人撮影したけど、相手に見せられないのです。
金切り声をあげ、髪を振り乱しました。
そして、終わってから気持ちを切り替えることができました。
見開いた目を震わせながら、首を振ってます。
女子校生に見間違われる程小柄な身体なのです。
女子大生のエロ動画を見て興奮しました。
吐き出すことに抵抗があるのかもしれません。
次の瞬間、硬いものを押しつけてきたのです。
勃起しているのを知られ、恥ずかしさで顔を真っ赤にしてました。
AV女優に憧れていたのです。
必死に隠そうとしていることに気が付きました。
言われたとおりに裸になりました。
着替えているのを見て、あらためて豊満な体だと思いました。
自分で撮った写真を見て赤面していました。
女子大生にエロいことをすると思うと体が疼いてしまうのです。
生娘らしい初心な気持ちを追い詰めていました。
痛みから逃れようとするためか、両脚を閉じようともがいてました。
現役だと聞いただけで快感を覚えたのです。
愛撫していくうちに愛おしさが込み上げてきたのです。
見せる覚悟をして、体を預けてきました。
周囲から一目を置かれるほどに性欲が強かったのです。
お風呂の中で、女子大生はエロい体を洗ってました。
手馴れた感じで目隠をしました。
掲示板に投稿さられたのを見ました。
ロリ顔がすっかり好きになってしまったのです。
何も言えぬままアイマスクをされて不安になりました。
望まない性行為を受ける覚悟はあったのでしょう。
人目につかない所に連れていき目隠ししました。
写真で見せてもらった、妹のことを覚えてました。
今ちょうど時間があったので見てました。
一言も言葉を交わしたことのない男に抱かれたのです。
女子大生のエロい体に触れたかったのです。
そんな想いを理解できないわけでもなかったのです。
性器の放つ悪臭に絶えきれなくなって咽せ込んだのです。
愛撫されたせいで、パンティが濡れていました。
それを聞いた時は、さすがに気の毒に思いました。
Gカップを強調するような姿勢をしてました。
舌使いは、正直なところ、悪くなかったのです。
これから始まる背徳な行為を想像して身震いしました。
これからの一部始終を撮影するのです。
美人だったので、再び会うことを約束しました。
約束を守れないと、痛い目に遭うことは分かっています。
Hカップの体を見せつけていました。
まだ、新人だということを知られまいと必死になって取り繕ってました。
足を大きく開いて、丸見えにしてくれました。
この場所で内緒で会わないことにしました。
その柔らかな、Iカップの感触を楽しみたかったのです。
昔憧れていた子と会えて楽しかったのです。
エロいことをするのが好きになってしまいました。
1年位かけて話をして、実行に移しました。
割れ目の中に指を入れられたのです。
もちろん、水着の準備をしてきました。
ちょっとでいいから丸見えにして欲しかったのです。
久しぶりに会ったら、美人になっていて驚きました。
大きさと硬さは並以上か、かなりの上の方だと思っています。
女子大生はエロいねと言われて、恥ずかしがっていました。
もちろん、その姿に異常な興奮を覚えました。
そして、おまんこが見えたのです。
ハメ撮りさせてくれたら良いのにと思ってしまうのです。
何とも言えない喘ぎ方が気になったのです。
豊満な体を見るだけで、目の保養になりました。
モロ見えにして、今までとは違う気分になれたのです。
傷つけられたという思いしか残りませんでした。
膝を立てながら、M字開脚していたのです。
乱れる姿に興奮し、2度も抜く事になりました。
また、モザ無しを見て、そそられました。
やわらかい肌が、何とも言えなく心地よかったのです。
個人撮影することに夢中になってしまうのです。
服を脱がせると、体を確かめる様に撫でまわしたのです。
股間が大きくなると、手で優しく撫でられました。
顔が近づき、唇を奪われました。
また、エロへの憧れは変わることはありません。
凄い大きさだったので、頭の中が真っ白になりました。
ハメ撮りを許してくれたらなと考えてしまうのです。
下着を取ろうとした瞬間、滑って体がよろけてしまったのです。
せっかくだから、写真を見せて欲しかったのです。
ブラジャーは付けないで、胸の谷間を見せました。
これで、本番をする気持ちになりました。
胸元が緩み胸が半分露出していました。
もちろん約束どおり、ビキニに着替えました。
ミニスカートが肌蹴けて、太腿が露になりました。
一日も早くモザイク無しを見たかったのです。
ふらつく体を抱きかかえる様に歩きました。
本当にエロいことが出来るなら、何でもします。
いつも、外で自撮りをしていました。
顔を見ると、満更でも無い様子に驚いたのです。
その時までは、何もないと信じていたのです。
どうやら、エッチしたがっているようでした。
着替えが終わると、隣の部屋に行きました。
そんなことを全く気にすることなく、服を脱ぎました。
肌が曝け出され、あっと言う間に下着姿になったのです。
人が居るにもかかわらず、着替えを始めました。
何だか落ち着かない感じで、そわそわしてました。
しばらくしてから、自画撮りしたのです。
押し切られる感じで、少しだけやってみることにしました。
このまま、大人しくしていれば始まります。
初めての本番のせいか、こちらにも緊張が伝わってきます。
現実を忘れたくて、ビキニに着替えて泳ぎました。
そんな会話から、数か月が過ぎて夏になったのです。
スレンダーで色白ですが、出る所は出ています。
おっぱいを頬擦りすることで癒されました。
女子大生がエロい姿勢をしたので、抱きしめたくなりました。
服装も肌の露出も多い為か、色気がありました。
モザイク無しを見ていたら、誰かが来たので寝たふりをしました。
疲れたのか、ようやく眠りについたのです。
生挿入していいと勘違いしたみたいです。
モロ見えにしてくれるだけ気が晴れました。
腰に手をまわして、パンツを脱がそうとしました。
趣味の話で盛り上がっていました。
そういうきっかけがないと、中出しできないのです。
そして、気持ちよさを実感させてあげたかったのです。
むしろ、セックスしたくなって困ってしまいました。
あまりのエロさに目を奪われてしまったのです。
普段から、細身の体を悶えさせていました。
素人に好意を持っていたのかもしれません。
よっぽどsexに自信があるみたいです。
嫉妬に猛って、正気ではなかったのです。
胸を突き出す色っぽい姿を見せつけます。
お尻を見せることに躊躇いを感じました。
巨乳を見ることによって性欲が満たすことができるのでした。
とても色っぽいTバックをはいていたのです。
人前でフェラチオするのは、とても緊張します。
そして、エロことされているうちに感じてしまったのです。
舐められ、気持ちはぷつんと切れてしまいました。
快楽に喘ぐ淫らな姿を晒していました。
綺麗な足を広げていました。
シックスナインで快感が高まり平静ではいられなくなったのです。
裸になって、とても恥ずかしい姿勢になりました。
まだ濡れていない恥部を弄り回したのです。
ハメ撮りするため、その姿勢を保っていました。
19歳の細い体にそそられました。
乳首の色はピンクで、遊んでいないことがわかります。
おおよそ、1分くらいフェラチオしてました。
エロい下着を見て興奮したと正直に認めました。
とても大胆に、おっぱいを出してました。
初めてのキスで、舌を絡ませました。
可愛い純白の下着を脱がしました。
その事実を知ってから、心穏やかではいられませんでした。
好き勝手にワレメを触るのが嫌でした。
可愛い顔していたので、本気で好きになりました。
もちろん人の前で服を脱ぐことに抵抗感はありました。
慌てて個人撮影したわりには、しっかり写ってました。
まだ未成熟の体に快感を教え込んだのです。
このまま泊まってしまったら、きっとエッチすることになるでしょう。
乳首が勃起していたのです。
エロいことされている間、あえぎ声をあげてました。
除々に高画質で見れるようになりました。
ここで、生着替えしたことが気になっていたのです。
両足をひろげて、中出しされるのを待ちました。
恥ずかしいのなら、青姦する必要なんてありません。
でも、あそこまで思われたら落ちてしまうでしょう。
全裸で仰向けになっていたのです。
待っている間は、無料の画像を見ていました。
エロいことを好きなだけすることができました。
裏DVDを見て満ちたりた時間を過ごしました。
なんだかモテたのが嬉しくて、午後には抱かれてました。
20歳の顔には、まだあどけなさが残ってました。
ごくたまに、気まぐれでフェラすることがありました。
少しずつ近づいて行き、体を押さえつけて輪姦しました。
初体験は、いつなんだか気になったのです。
次に会う約束していたことを思い出したのです。
最初から無理して無料の画像を見る必要はなかったのです。
女子大生のエロ動画を見て満足感が得られました。
美ボディを見て、ぎんぎんになっていました。
なぜに声をかけたというと好みタイプだったからです。
お尻を触ったら、とても柔らかくて気に入りました。
そして、乱交するために声かけたのです。
きっと、セクシーな人が好かれるような気はします。
明らかに自分よりも日焼けの跡がはっきりしてました。
つくづく無修正のDVDを見るのが好きなんだと思いました。
自分の気持ちに素直になって脱がすことにしました。
巨乳を見て、この快楽の日々が永遠に続くことを願っていたのです。
エロい体を触った時の感触がまだ手に残ってました。
いつの間にか本気にフェラしていたのです。
しばらく正常位で交わってました。
また、乳首を噛まれた跡が痛々しかったのです。
気持ちをくんで、とことん甚振ればいいのです。
どうしても女子大生のエロ動画を見たかったのです。
せっかくだからって、2人同時に相手をしました。
無料の画像を見て、日々の煩わしさを忘れました。
ハメ撮りが終わってから、外に出ました。
最初は、照れもあるから、遠慮がちに抱き合ったのです。
おっぱいを揉んだら天国にいるような気分になれました。
水着になったのを見て憧れてしまったのです。
白いパンティーを頭に被ったり、匂いを嗅いだりしてみました。
エロいことをして興奮が頂点に達してしまったのです。
そして、毎日少しずつ無修正のDVDを見てました。
しかし、本当のことは白状しませんでした。
それから、巨乳を吸った時の様子を自慢げに話していました。
どんな男性遍歴を持っているのか気になったのです。
その次に経験したのは、何歳だったか忘れました。
マンコを見たら、性欲が湧水のように次から次へと溢れ出しました。
グラマーな身体が気に入っていたのです。
女子大生のエロ動画を見て、心の底から喜べたのです。
体の隅々まで舐めてから、最後にクンニしました。
体を密着させながら他愛も無い事を話したのです。
こうして流出したのを見れるなんて、夢のようです。
こちらが頼んでいないのに迷うことなくを脱いでくれました。
しばらくすると、バスタオルを巻いて出てきました。
ふと目に入った、Eカップにむらっとすることがあります。
無修正のDVDを見て快感が体中にめぐりました。
指で軽く挟んだら、敏感に反応してたのです。
まんこを触りたくなってしまったのです。
エロいことをしているうちに抑えられない欲情が湧いてきました。
先にシャワーを浴びて寝室に戻りました。
過去の男達との行為を白状させたのです。
私は巨乳を前にして、何も考えられなくなったのです。
秘め事を記録することに成功したのです。
おっぱいが完全に隠れないほど布が少なかったのです。
胸ポチを見て色気を感じたのです。
ノーブラだったせいか、大きく胸が揺れてました。
バスタオルを撒いて、その場で水着に着替えたのです。
まだ、Fカップだけど、もっと大きくなるでしょう。
女子大生にエロいことをしたら気持ち良くなるとわかりました。
18歳は、どんな姿勢をするのも平気みたいです。
過去のあったことを聞き出して欲しかったのです。
無修正のDVDを見て、いつもより良い感じになったのです。
後日、帰りに待ち合わせて話しをしました。
何度となく、流出させたのです。
巨乳だと知って、とても無視する事が出来ないと思いました。
3Pをしているところを見れました。
実現に向けて話し合い、一つの提案をしました。
食い込みが、とても気持ちよかったのです。
乳輪の大きさは、小さくもなく大きいわけでもなく、ちょうど良かったのです。
もう、会ことはないだろうと別れを惜しみました。
身をよじらせて、オメコをこちらを向いてました。
完璧すぎるほどの美人だったのです。
脚をかたく閉じてしまっているのです。
女子大生のエロ動画を見て、より興奮度しました。